戸塚区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

市内商店街加盟店舗 後継者不在が3割超 コロナ禍の経営実態調査

社会

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症が商店街や個店、来街者へ与えた影響を把握するため横浜市はこのほど、緊急商店街関連調査事業を実施した。その中の「経営実態調査」によると、後継者不在の商店街加盟店が3割を超えることが分かった。市はこの結果を踏まえ、商業振興施策の検討などに活用する方針だ。

 同調査事業は、コロナ禍での雇用情勢悪化に対応する緊急雇用創出事業の一つとして実施。11年ぶりの経営実態調査は、20年11月から21年2月に市が横浜市内の商店街加盟店舗の個店1万2725カ所にアンケートを配布し、7905件(62・1%)を回収した。

 その結果、後継者の有無についての設問では「後継者がいない」が35・6%と最も高く、次いで「まだ考えていない」(34・7%)、「後継者がいる」(24・6%)となっており、全体の3分の1以上の個店で後継者不在という実情が浮き彫りとなった。

 また、後継者不在の店舗に対する今後の営業については「自分の代で店を閉める予定」が57・0%と最も高く、事業継承しない店舗は半数以上にのぼった。

 全国の商店街が衰退する中、後継者不足を解消しメディアでも取り上げられた秩父市「みやのかわ商店街振興組合」の島田憲一前理事長は「後継者がいなくても公募するなど方法はある。継がせることをあきらめたらだれも(店を)やってくれない」と、現経営者の意識の重要性を示す。

新生活様式の対策模索

 コロナ禍以前から全国の例に漏れず横浜市内の商店街の空洞化は課題の一つ。市は、空き店舗になることを防ぐための改修費用等を支援する「商店街個店の活力向上事業」を実施し、15年度から20年度までに52件の一部経費を補助。しかし、後継者不在の状況改善には至らないのが現状だ。

 そんな中での新型コロナの発症は追いうちをかけたといえる。そこで市は、新生活様式での商店街活性化促進企画を発足。市経済局担当者は「市内も含めた全国の先進事例や好事例を共有し、コロナ禍での商店街活動を促す」と話す。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook