戸塚区版 掲載号:2022年2月10日号 エリアトップへ

市内初の地酒「横濱魂」完成 東俣野の酒米で生産

文化

掲載号:2022年2月10日号

  • LINE
  • hatena

 東俣野産の酒米を使用した日本酒がこのほど完成し、2月16日から4000本が限定販売される。横浜市によると横浜産酒米100%の地酒は記録上初めてという。酒米を生産したのは東俣野町に田んぼを持つ川戸吉隆さん、石井教朗さん、石井一幸さん、羽太喜久雄さんの4人。蔵元は茅ヶ崎市の熊澤酒造で、同蔵の銘柄「天青」シリーズの「横濱魂」として、市内7店舗でも販売される。

 主食用米を作っていた川戸さんが田んぼについて横浜市南部農政事務所と話をしていたところ、酒米生産のアイディアが浮上したという。

 市内では、食用米の販売価格が年々下がり、米作りを断念する農家が相次いでいるという。こうした現状を受け同所は、水田保全を目的に主食用よりも高値で売れる酒米づくりに着目。市内から比較的近い熊澤酒造への視察をしてきたという背景がある。そこで日本酒好きでもあった川戸さんと同酒造が協力をして2020年度から栽培をスタートした。

1300kg収穫が肝

 東俣野産の酒米100%の酒を造るためには、精米した状態の米1300kgが必要だ。1年目は川戸さんが試験的に栽培を始め、2年目からは新たに農家仲間の石井教朗さん、一幸さん、羽太さんが参加。昨年秋に無事目標を達成し、100%戸塚産の「横濱魂」として新たに作られることが決まった。

 収穫した酒米は熊澤酒造に納品され、米の発酵などを経て1月中に最終工程となる絞りや瓶詰が終了。熊澤酒造の杜氏・五十嵐哲朗さんは「さわやかで米の味わいを感じられるお酒。毎年作り続けたい」と話した。

 酒米を生産した川戸さんは「出来上がりが楽しみ。栽培中近所の人からの声が励みになりました」と笑顔。石井教朗さんは「米作りの担い手は減っているため、酒米で地元の農業を盛り上げていければ」と語った。

 販売は「天青」を扱う市内各店(4合税込み1650円)で。区内では「リカーショップ松本屋(戸塚町)」と「つるや(汲沢町)」で17日から販売開始。つるや(【電話】045・861・3284/16日定休日)では電話予約も行うという。

「天靑 横濱魂」(提供写真)
「天靑 横濱魂」(提供写真)

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook