金沢区・磯子区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区三師会と金沢区薬剤師会の会長を兼任する 小田 兵馬さん 泥亀町在住 65歳

原動力は胸のワクワク

 ○…金沢区の医師会・歯科医師会・薬剤師会から成る三師会の会長となって2期目を迎えた。チーム医療の重要性が増す中、より多面的な医療体制を深めてきた。だが、理想の地域医療は医療関係者だけでは築けないとも。「区民も一緒になって見守り、そして育てる気持ちを持って欲しい」と話す。

 ○…「薬剤師になりたいとは思っていなかった」と苦笑い。幼い頃に見たアメリカ映画「摩天楼」に心をつかまれた。「建築家の主人公が、斬新な発想で新しいものを作る姿に憧れた」と語る。だが、激動の時代に一代で薬屋を築いた父親が長男にかける期待は大きかった。息子が建築家を目指していることを知った父親は激怒し、「お前がいながら」と母親を本気で蹴飛ばした。反発心はあったが、母の立場もあり薬科大学に進み、そのまま薬剤師になった。

 ○…「胸のワクワクを大切にしたい」と話す。大学生の頃、友人と2人でマンネリになっていた合唱団を改革した。興味を引いたのは、倍音。ドとソの音を正確に発声すればミの音が出るはず。「ならば、そこから始めたい」。面白そうだと思ったら、止まらない。団員有志を募り合宿で、ひたすら練習をした。初めて倍音が出た時、皆がどよめいた。「ゾクゾクっと感じたんだよ」と嬉しそうに語る。卒業時には、260人もの学生が参加する大きな団体へと成長した。「面白いことをする人の周りには、自然と人は集まってくる」。その信念は変わらない。

 ○…今、胸を躍らせるものは何か。「新しい薬局作り。ワンダーランドのような楽しい店を作りたい」と話す。薬局は元気になる場所。薬だけでなく、店からも元気になってもらえる仕掛けを作りたいという。薬を売るのが薬局という固定概念を打ち壊す。「ワクワクしている街や人が素敵なんだ」と語る表情はまるで少年のよう。その若々しさは、常に胸を躍らせているからかもしれない。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

深浦 茂晃さん

金沢区災害ボランティアネットワークの代表として区民の防災意識向上を図る

深浦 茂晃さん

3月15日号

橋本 藤子さん

NPO法人横浜金沢文化協会の事業部長で3月10日に行われる「かるた大会」の企画・運営に尽力する

橋本 藤子さん

3月8日号

小笠原 伸一さん

法人設立1周年を迎えた里海イニシアティブの代表理事を務める

小笠原 伸一さん

3月1日号

佐藤 孝明さん

杉田地区スポーツ推進委員連絡協議会会長で杉田マラソンの大会実行委員長を務める

佐藤 孝明さん

2月22日号

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク