金沢区・磯子区版 掲載号:2014年5月29日号
  • googleplus
  • LINE

今年4月、神奈川県立循環器呼吸器病センターの所長に就任した 中沢 明紀さん 泉区在住 59歳

地域に頼られる病院に

 ○…昨年から今年にかけ、神奈川県立循環器呼吸器病センターの専門性を生かした3つのセンター(肺がん診療包括支援、気胸、心房細動)が相次いで立ち上がった。「(病院の)名前からは分かりにくかった診療内容が伝わるのでは」と柔和な笑顔で話す。医師・看護師だけでなく、専門性を持ったスタッフの力を結集したチームで治療にあたり、「常に患者さんに温かい病院でありたい」と願う。

 ○…高校時代、無医地区で活動した医師の本に感銘をうけ、医師の道を志す。横浜市立大学医学部で勉学に励む一方、6年間を通して学生赤十字奉仕団に所属。夏休みは山梨県や福島県の医師の少ない地区を訪れ、健診や往診を行った。「お礼に農作物をもらったこともあったなあ」。生活に密着した健康指導で、地域医療の面白さを肌で体験した。驚いたのは当時、横浜では少なかった寄生虫感染者の多さ。「衛生環境が大きく違った。医学だけでなく生活環境の改善も必要だと思った」と振り返る。

 ○…総合医を目指しつつ、「とりあえず」で選んだ小児科で新生児医療に携わった。「小さくても一生懸命生きようとしている。その力をいかに手助けするかを心がけた」。術後は目が離せず、最低1週間は病院に寝泊まりするハードな日々。「でも元気になって保護者から手紙をもらうと、やっていてよかったと思ったよ」。やりがいを力に、仕事に没頭した。

 ○…小児科臨床でも、そのあと務めた県保健福祉局でも重要性を強く感じたのは「地域との連携」だ。新所長就任後、大学病院や開業医院を訪れ同センターに求めることを聞いてまわった。「金沢区でこの病院の良さをどう生かすかが課題。開業医さんから安心して任せてもらえる存在になりたい」。目下の心配は社会人となった独身の2人の娘。「小児科医だったので、子どもは大好き。早く孫が見たいんですが…」と親の顔を覗かせた。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク