金沢区・磯子区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

今年4月に社会福祉法人すみなす会の理事長に就いた 木下 勝裕さん 富岡西在住 75歳

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

成長は素直な姿勢から

 ○…区内地域ケアプラザなど6施設を運営する「すみなす会」の新理事長。職務を行ううえで中心に据える考えは「人格の尊重」だ。「まるで子どもに接するような言葉づかいで利用者と接する光景が福祉施設にありうるが、それは人格否定に近しい」――同会の事務局長を約10年間務めながら、前理事長からこうした考え方を受け継いだ。常に利用者と対等な目線を持ちながら「求められるサービス」を追求していく。

 ○…結婚した頃、富岡に住み始めた。当時は近くに海があったので、早起きしては貝を取り、味噌汁に入れて食べていたという。「自然の豊かさが金沢区の良さだと思った」と振り返る。横浜市の職員として37年間勤務。1995年から3年間は金沢区長を務めた。いまや恒例となった「区民栄誉賞」が企画されたのが任期中。「当時は横浜高校に松坂大輔選手がいて春夏連覇した。関東学院大のラグビーも強かった。区民に希望を与える人々を表彰したいという考えがあった」と振り返る。

 ○…愛知県春日井市生まれ。「姉が6人で妹が1人。男は自分だけ」という家庭の中に生まれた。「戦時中ということもあり、待望の男だった。ずいぶん可愛がられたと思う」。かといって姉と一緒に「ままごと」していたわけではなく、缶蹴りや相撲などの「外遊び」に夢中だった。「周りが女性ばかりだったから、あえて男らしくいたい気持ちが大きかった」と振り返る。男らしさを求め、学生時代は空手や柔道、合気道などの武道に熱中した。「文科系だねと言われると『心外だ』と思ってしまう」と笑う。

 ○…大学で始めた合気道は現在も継続している。「合気道錬身会」の会長で段位は7段。毎年9月には演武を披露している。学んだことは「素直な姿勢」だ。「黒帯でも白帯に負けることも。どんなことでもそうですが、人のアドバイスを素直に取り入れないと、欠点は補えないと思います」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク