金沢区・磯子区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

今年20周年を迎える並木男声合唱団団長の 稲村 徹さん 並木在住 70歳

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena

詞を想い、声響かせて

 ○…「定年後、何をすることもなく家にいる”濡れ落ち葉”にならないようにねえ」――そんな男たちの会話から始まった並木男声合唱団が今年、20周年を迎える。当時は50歳。第二の人生を考え始めたときに、初代団長らとともに結成した。一昨年から二代目団長として、平均68歳、約50人の団員をまとめる。

 ○…10月19日に行われる20周年記念演奏会に向けて練習に励む。毎週日曜日は5時間の猛特訓。「楽譜を読めない団員がほとんど。100回合わせてなんとか形になる。でもそういう努力こそ大事にしたいんです」。女性メンバーのいない「おじさんたちの合唱」の中で、来場者を楽しませるためのポイントは「意外性」にあるという。合唱曲だけではなく、振り付けを覚えてオペラ歌劇をしたり、AKB48の曲を歌いながら踊ったり。「なおさら練習は大変」と笑みをこぼす。合唱団の演奏会を楽しみにしているファンは多く、定期演奏会は1800人超が来場。テレビ出演も多数だ。

 ○…詞に思いをはせて歌う瞬間を、喜びに感じているという。「歌詞は世の中を反映している。その時代の状況を感じながら、より素直に、考えを巡らせることができます」。詞の意味を考えながら歌うことは、技術の向上にも繫がるという考えも。「詞の意味を伝えようという気持ちがあれば、声を響かせて前に飛ばす技術も、おのずからついてくると思います」

 ○…もうひとつの趣味は並木団地内で結成したソフトボールチーム。10人ほどのメンバーで月に3回、練習を行う。ただし試合の予定はないという。「健康づくりが目的なんです。10年ほど前に健康保険の値上がりがあって、健康でいなくちゃって」と笑う。体力づくりは歌の技術向上にも繫がっているそうだ。「実は、前の団長に誘われたとき、スポーツがしたいという理由で乗り気じゃなかった。今は両方やっていて本当に良かったと言えます」
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

田川 尚登さん

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表理事を務める

田川 尚登さん

横浜市在勤 62歳

9月9日号

村上 悠緋さん

2023年シーズンからJリーグの横浜F・マリノスへの加入が決まった

村上 悠緋さん

関東学院大学3年 20歳

9月2日号

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

アイロンビーズ作家として本を出版した

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

磯子区杉田在住 36歳

8月26日号

坂爪 正博さん

磯子区消費生活推進員の代表を務める

坂爪 正博さん

磯子区坂下町在住 70歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook