金沢区・磯子区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

さくら茶屋 27日、東北支援物産展 横浜市・ヤマト運輸が協力

社会

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
東北の名産を販売
東北の名産を販売

 東北地方の復興支援を目的とした物産展が6月27日(土)、さくら茶屋にししば(西柴)で行われる。実現にあたり、横浜市とヤマト運輸が協力。さくら茶屋は今後も月1回ペースで続けたい考えだ。

 さくら茶屋にししばは横浜市の「ヨコハマ市民まち普請事業」に応募し、2010年に開店した。市は「活動継続の支援に役立てば」との思いから、同事業に参加した団体を対象に、民間企業とのマッチングを実施。今年春ごろ、地域貢献に関心の高いヤマト運輸を紹介した。

 3者は協議を重ね、何ができるかを模索。東北地方の物産展を実施することに決めた。さくら茶屋の岡本溢子理事長は「東日本大震災直後にも復興支援を目的に物品販売をしたが、輸送費や運営費など負担があった。ヤマト運輸さんが協力して下さるのは心強い」と話す。

 開催日は6月27日の午前11時30分ごろから。会場はさくら茶屋とさくらカフェで、牛タンカレーや濃厚チョコラスク、エゴマ醤油、糸茎わかめ、のだ塩、大吟醸あめなど名産品17品目が並ぶ。また、新鮮ほたての網焼きも一皿400円で提供する。

共通の思いで連携

 「地域貢献は全社をあげて力を入れていること。復興支援という共通の思いで活動できるのは嬉しい」と話すのはヤマト運輸の担当者。商品はグループ会社のヤマトホームコンビニエンスが手配した。「今回は急きょ日程が決まったので、商品が十分でなかったかもしれない。今後はもっと現地で見つけた逸品を発掘し、お届けしたい」としている。岡本さんは「継続は力なりがさくら茶屋のモットー。今後も月1回は開催していきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

杉小6年生に平和訴え

横浜夢座

杉小6年生に平和訴え 文化

杉田劇場 コロナ後 初公演

7月16日号

中3に節目の場を

中3に節目の場を 教育

各区で交流試合、開催へ

7月16日号

学生100人に食料配布

金沢区社会福祉協議会

学生100人に食料配布 社会

募集開始41分で定員に

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

釣り人3人が女性を救助

釣り人3人が女性を救助 社会

磯子消防署から感謝状

7月2日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

給食・部活が再開

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 山火事で子孫を残す

    金子さんの草花の不思議発見!第44回 ブラシノキ

    山火事で子孫を残す

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

    7月16日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月16日号

お問い合わせ

外部リンク