金沢区・磯子区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

6月にメジャーデビューしたアコースティックユニット「サンドクロック」の 滝田 周さん 並木出身 29歳

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

盟友得て約束の舞台へ

 ○…「メジャーデビューして帰ってきます」――音楽の道を志した5年前に、そう宣言した地元・並木のステージ。相方の永田佳之さんを連れ、今度は「サンドクロック」として約束の舞台に戻る日が来た。

 ○…「並木がすごく好き。ふっと息を抜ける場所」と柔らかに笑う。毎朝、船の汽笛を聞いて目覚める海辺の街で、小中高と野球に明け暮れた。その傍ら、密かに抱いた歌への憧れ。「部屋でこっそり布団で口を押さえて練習していた」。父親が教鞭をとる緑ヶ丘高校(中区)に入学後、同級生が面白半分で薦めた校内のカラオケ大会で優勝。「校舎の窓から見ていた父が一番驚いていた」と笑う。慶応大学卒業を目前に控え、音楽への思いが再燃。「どこまでできるか確かめたい。怖いというよりわくわくした」

 ○…キーボードを相棒に八景島駅で歌い始めた。アルバイト後に真夜中の海で鍵盤を叩き、10人ほどの友人を前にライブハウスで歌う日々。「甘かった。いつか声をかけられると思っていた」と振り返る。曲に個性がないと評価されることも。「新しい価値観を取り入れないと進めないと感じていた」。永田さんと出会ったのはそんな時。「音楽性も人間性も真反対。一曲ずつ紹介して歌う僕と違い、ふらっと来て歌いだすような」。新たな世界に戸惑うも惹かれ合い、2つの個性が豊かに調和しだした。

 ○…伊勢佐木町で始めた毎週火曜の路上ライブは2年間、台風の日も必ず立った。演奏できずともそこに居る意味がある。「日常が上手くいかない人が足を止めてくれることも多い。ちょっとでも力になれたら嬉しい」と真っすぐ話す。「元気がでた」「火曜が生きがいになった」――ぽろぽろこぼれる涙と言葉を、胸にしまってある。だからこそ「落ち込む人の心に入る音楽を作りたい」。横浜出身の誇りも忘れたくない。音楽に憧れる人が「同じ横浜なら自分も頑張ってみようと思うような存在になれたら」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

川村 滋さん

4月1日付で磯子消防署長に着任した

川村 滋さん

磯子区在勤 55歳

4月30日号

永井 京子さん

4月1日付で金沢区長に就任した

永井 京子さん

金沢区在勤 58歳

4月23日号

木村 和裕さん

3月26日付で磯子警察署長に就任した

木村 和裕さん

磯子区在勤 59歳

4月16日号

大須賀 節夫さん

4月1日付で磯子消防団長に就任した

大須賀 節夫さん

磯子区森在住 68歳

4月9日号

網谷 東子さん

4月から「横浜子育てパートナー」として活動する

網谷 東子さん

金沢区大道在住 47歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

横浜市在住 36歳

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日18:51更新

  • 6月1日18:25更新

  • 5月25日17:30更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月2日号

お問い合わせ

外部リンク