金沢区・磯子区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

有人潜水調査船「しんかい6500」の司令として世界の海を回る 櫻井 利明さん 港南区在住 55歳

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena

深海の世界を切り拓く

 ○…横須賀を出発し、母船を離れて海底深度6500mまで潜ることができる有人潜水調査船「しんかい6500」の司令として世界の海を回る。これまでの潜航回数は431回を数えるが、「真っ暗闇の中から初めて海底が見える瞬間が1番好き」。経験を重ねても潜航の度に新鮮な気持ちを覚えるという。

 ○…商船の乗組員だった叔父の影響で、子どものころから「いつか船で世界中の港へ行ってみたい」と強い憧れを抱く。県立三崎水産高校(現・海洋科学高校)へ進学し、就職先を考え始めた頃に偶然手に取ったのが「しんかい2000」運航チームの求人チラシだった。「潜水調査船は、映画の『日本沈没』で観ていたからすぐにピンと来て。みんな潜水艦と思って手に取らなかったみたい」と笑うが、晴れて配属も決まり、1982年に初潜航した。

 ○…6500は世界の深海調査研究の中核を担っており、研究内容は地球内部のプレートの動きや深海生物の生態調査など多岐にわたる。「多分野の研究者と仕事ができるのも魅力」と話すが、「想定の100%の操縦ができることはほとんどない。80%以上できたときは達成感でいっぱい」というほど難易度の高い役割。調査前夜は興奮と操縦のシミュレーションで眠れないこともある。08年以降は司令として、母船から潜水調査の指揮をするほか、人材育成にも携わる。競争が激しさを増す世界の深海調査。完成から四半世紀が経つ6500の次世代船の開発も期待される今、深海の世界を広くPRしていくことが鍵を握る。「今の子どもたちが大人になるころには、構想中の『しんかい12000』の開発を実現するのが目標」と前を見据える。

 ○…年間180日は調査航海で自宅を離れる。「長年海に出て集中して仕事ができているのは、妻が家庭をしっかりと守ってくれるから」。未知の世界への期待と責任を胸に、心強い”母船”から深海に臨む。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク