金沢区・磯子区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

ヨーロッパでビール醸造家として活躍する 今井 礼欧さん 横浜市出身 43歳

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena

夢以上の結果を実現

 ○…ヨーロッパ唯一の日本人ビール醸造家。現在はベルギーに住むが、小学校5年生から大学卒業までを横浜市で過ごす。今でも日本でイベントに参加する際は、栄区小山台の実家が起点に。ベルギーをはじめ世界20カ国でオリジナルビール「欧和」を販売中だ。

 ○…江崎玲於奈氏がノーベル物理学賞を受賞した年に生まれたことから研究者の父親が「レオ」と名付けた。名前の由来通り研究者を目指し「勉強ばかりしていた学生生活」に行き詰まった大学時代。時はJリーグ開幕、盛り上がるサッカー人気もあって地元横浜マリノスの試合を全試合観戦、試合後のサポーター同士の飲み会にも参加した。人と話すのが苦手な自分でも、酒の場であれば年齢を超えた幅広い付き合いが生じる。このことに面白さを感じ「酒を通じた人が集う店を作りたい」との思いが醸造家への出発点。

 ○…「酒が特に好きな方ではない」といい、1人で飲むこともなく、家にも酒は置いていないという。「人の集まる場を作りたいけど、人と話をするのは苦手。その矛盾を自分の分身で補うためのものがビールなのかも」。自分が造ったものによって人が集まればとの思いがある。

 ○…研究者の道を捨て、大手ビール会社に就職。希望通りの部署で勤務するが、自らの思いと異なることに気付く。「作り手の顔も何も分からないまま売ることに疑問が生じたし、自分で作って自分で売らないと意味がないという気持ちの方が大きくなった」と5年で退職。ビールの造り手として道を進み始める。

 ○…オリジナルビールを造り始めて10年。「やりたいことは実現してしまって。夢以上の結果が出てしまった」と現在は次の道を模索中。この道に進むきっかけ「店を作る」の実現もやりたいことの一つ。「世界中の酒を現地で造りたい」という夢も、自身のビールの製造から離れられる時間の範囲で経験してみたいと話す。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高島 哲さん

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める

高島 哲さん

金沢区並木在住 74歳

1月20日号

井上 学さん

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める

井上 学さん

磯子区中原在住 56歳

1月13日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月6日号

ボ·トゥ·レインさん

サインワイン奏者でミャンマーの伝統音楽を日本で伝える

ボ·トゥ·レインさん

金沢区金沢町在住 35歳

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月23日号

江原 由美子さん

磯子区森の一般社団法人神奈川人権センターの理事長を務める

江原 由美子さん

西区在住 69歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook