金沢区・磯子区版 掲載号:2017年3月2日号 エリアトップへ

プロバスケ・Bリーグ「横浜ビー・コルセアーズ」に特別指定選手契約で入団した 満田 丈太郎さん 金沢区六浦出身 22歳

掲載号:2017年3月2日号

  • LINE
  • hatena

地元に新風、楽しさ魅せる

 ○…何か起こしてくれそう――。地元横浜のチームに、筑波大の全日本大学選手権3連覇の立役者が抱いた可能性。初出場を果たしたベンチ登録翌日の1月29

日、44秒間立った本拠地のコートで、直感が確信に変わった。「チームに勢いをつけたい」。若さとスピードを武器に、ベテラン揃いの集団に新風を吹きこむ。

 ○…六浦で生まれ、小1のとき兄の影響でミニバス「六浦南ペガサス」に入団。サッカーや水泳、ソフトボールもこなしたが結局バスケが好きだと気づいた。大道中では元NBA田臥勇太選手がプレーしたバスケ部に。市大会止まりの弱小チームながら「一対一では絶対負けない」と負けん気を前面に鍛錬。福井県の強豪、北陸高に進学し、レベルの違いに「楽しかったバスケ」が一転した。「帰るところもなく、ギリギリの精神」。転機は3年夏、18歳以下日本代表に選ばれて挑んだアジア選手権。出番に恵まれず苦杯を喫したが、悔しさが高校最後のウインターカップ3位に押し上げた。

 ○…「バスケ一筋でいく」。大学でプロ入りした先輩たちに刺激を受け、進むべき道を明確にした。原点は六浦南ペガサス。「やめずに来られたのは、バスケの楽しさを知ったおかげ」。恩師、関屋収監督は「行き詰まってふてくされたときも、一人の人間として真剣に接してくれた」。その心はチームに受け継がれ、練習に訪れる卒団生も。自身も気づけば後輩に、恩師と同じように声をかけている。「関屋監督とはずっと連絡を取ってる」。中学時代からプロデビュー戦まで、観客席にはいつもその姿が。「プロとしてしっかり成長してほしい。たまにはまた、ペガサスに来て」。恩師の言葉と共に、古巣の温もりを胸に抱く。

 ○…プロ入りを機に、寮生活から故郷に帰ってきた。「ごはんは何でもおいしい。栄養も考えてくれる」。家族への感謝をかみしめる。「新人らしく、がむしゃらに」。横浜の新たな顔として、挑戦の船旅が始まった。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

佐藤 雅彦さん

「とうふの泰平屋」専務で全国豆腐品評会東日本大会で銀賞に選ばれた

佐藤 雅彦さん

金沢区六浦東在住 60歳

10月21日号

林 哲治さん

10月1日付で磯子駅の駅長に着任した

林 哲治さん

磯子区在勤 58歳

10月14日号

永井 晋さん

11月13日の文化講演会で講師を務める関東学院大学客員教授の

永井 晋さん

金沢区在勤 62歳

10月7日号

小澤 伸一さん

9月16日付で金沢警察署の署長に着任した

小澤 伸一さん

金沢区在勤 58歳

9月30日号

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook