金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区産業団地の経営者の会「横浜シーサイドフォーラム」の代表幹事を務める 池田 利志典さん 長浜在住 52歳

”生きた手本”集う場

 ○…ほぼ1人で会を切り盛りした前代表幹事を、「スーパーマン」と評す。「自分にはできない。だから全員参加型の会を目指す」。大きく分けて4つの委員会を設け、全員が所属する体制を確立した。「最初はとまどっている部分もあったが、ようやく回り始めてきた。それを見守るのが私の務め」と話す。会員は金沢区産業団地の会社経営者か経営に携わる人。「素晴らしい経営をしている生きた手本が集う場。学びの場としても非常に有意義」と話す。

 ○…約20年前に父親の経営するダンボール製造会社を継いだ。学生時代にアルバイトした時の感想は、「こんな仕事は一生やりたくない」。大学卒業後は化学専門の商社に就職した。「当時はその会社に骨を埋めるつもりだった」。そんな中、父親のがんが発覚。「戻るなら、今のうち」――半年間悩んだのち、継ぐことを決意した。「父は一度も『戻って継いで欲しい』とは言わなかった。複雑な気持ちだったよう」と述懐する。

 ○…戻ってきて、「バイト時代と何も変わってない」ことに愕然とした。「設備も人も当時のまま。このままじゃマズイと思った」。まず着手したのは人材育成。若手がずっと働きたいと思うような環境整備に取り組んだ。また、設備投資は積極的に行い、機械化を推進。納期や小ロット対応など、かゆいところに手が届くサービスで顧客からの信頼を築いてきた。「当たり前のことを真面目にしていれば、リピートはくる」。体験に裏打ちされた信念で邁進する。

 ○…趣味はゴルフと野球観戦。自身は東海大相模高出身だが、先日甲子園出場を決めた横浜高校に熱い声援を送る。「(横高のグラウンドがある)長浜に住み、息子も横浜中高に進学した。遠くの親戚より近くの他人です」と笑う。今では100%横高ファンだ。ベイスターズの観戦では、横高OB・乙坂選手のユニフォームを着る。「これからの若年選手を応援したいね」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

古澤 和敏さん

アマチュアボクシング元全日本王者で現在は指導者として有望選手を育てる

古澤 和敏さん

1月4日号

増田 珠(しゅう)さん

硬式野球部の主砲として活躍し福岡ソフトバンクホークスへの入団が決まった

増田 珠(しゅう)さん

1月1日号

川村 丈夫さん

横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督として12球団トーナメント連覇に挑む

川村 丈夫さん

12月21日号

渡辺 克美さん

認定NPOコロンブスアカデミーの理事長で青少年の活動拠点づくりに尽力する

渡辺 克美さん

12月14日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

がん医療への知識深める

がん医療への知識深める

市大主催 22日に講演会

1月22日~1月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク