金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月14日号 エリアトップへ

9月4日付で金沢警察署長に就任した 宮崎 哲也さん 金沢警察署勤務 55歳

掲載号:2017年9月14日号

  • LINE
  • hatena

忠恕をもって職務に

 ○…38年の警察官人生で初の署長に就任した。最初の金沢署員へのあいさつでは「自分の両親や子ども、家族が警察署に来た時の対応を市民にもしてほしい」と話した。「家族が被害に遭って相談に来たら、今まで以上に親切、丁寧に接すると思う。そのような姿勢で仕事に取り組んでほしい」。市民目線の思いやりを持った職務を自身も行っていくつもりだ。

 ○…保土ケ谷区出身。中学生の時に街中で見かけたお巡りさんの制服姿に憧れ18歳で警察官の道に進んだ。初めての配属は母校がある旭警察署。以来これまで機動隊や警察署、本部など20以上の部署に就いた。その中でも忘れられないのが第二機動隊での勤務。24歳の時に発生した横浜市内の銀行での立てこもり事件では、装備品で身を包み、バスの中で突入の瞬間を待っていた。「正直、命の危険も考えた」と振り返り、いざという時には危険を顧みず市民を守らないといけないとの思いを、身を持って経験した。

 ○…緊張感を持ち続ける職務の中で、リフレッシュ法は大山や金時山などへの軽登山。「最近は行けてないんですが」とはにかむが、辛い思いをして山を登り切った時の達成感はやっぱりいい」と笑顔を見せる。テレビで時代劇を見ることも、張りつめた緊張感から解放されるひと時だ。「最近は鬼平犯科帳をずっと観てましたね」。休日をリラックスして過ごし、新たな気持ちで仕事に邁進する。

 ○…警察学校の教官から教えられた、思いやりを意味する「忠恕(ちゅうじょ)」を常に胸に持ち続け職務にあたってきた。署長としてもこれは決して忘れない。中学生の時になりたいと思った仕事に就けていることに、これ以上にない幸せと喜びを感じている。「街の方々の支援を得ながら安心、安全の街づくりを担っていきたい」。署長として、歴史ある、自然が充実している金沢区の街を、思いやりを持って守っていく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク