金沢区・磯子区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

全国青年・女性漁業者交流大会で農林水産大臣賞を受賞した 斉田 芳之さん 金沢区柴町在住 63歳

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena

食べて育つ「海への思い」

 ○…「漁師は獲るだけでなく、生態を知って持続可能な漁にしないと」。漁業者交流大会で発表したアマモ場の造成も取り組みのひとつ。アマモの花枝の採取から種子の熟成・選別、苗床づくり、移植まで行政や市民団体と協働で行う。「参加した市民や子どもがいろいろなことを感じるはず。そこから海を大事にしたい気持ちが育てば」と願う。

 ○…漁師になった20代半ばからアナゴ漁一筋、37年。一貫してアナゴの穴に入る習性を利用した筒漁を採用する。「魚を傷つけない優しい漁法。魚のストレスがないから味もいいんです」。2000年からアナゴ漁に使う筒に小さなアナゴが逃げられるよう、穴を開けた。「最初は『せっかく獲ったのにもったいない』という声も。理解が進み、今では1都2県の漁師が採用している」。アナゴは自身の食卓に週2回はのぼる。「食べないと分からない。浅い海で獲った方が、うまいんですよ」

 ○…約15年前、見学にきた小学校で、柴漁港を知っている児童がわずか3人だったことに衝撃を受ける。「子どもにも開かれた港にする必要性を強く感じた」。以来、積極的に児童・生徒の受け入れを実施。今では大学生も含め年間約1000人が訪れる。獲った魚を生徒が自ら捌き、食べるプログラムも。「ギザギザでもいい。自分でやることに意義がある」。見て、触れて、味わって――五感で海を感じることが大切だと訴える。

 ○…近隣の文庫小や八景小などアナゴを給食に取り入れる学校も増えた。「『普段は残す子が完食した』とか『余ったアナゴはジャンケンで取り合いでした』とか先生がメールで教えてくれる。たまらないね」と目を細める。食べてもらうことは魚の美味しさを伝えること。「それが漁師みんなの元気につながるんです」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク