金沢区・磯子区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

チアダンス全国大会 創学館 強豪制し初優勝 横市大は大学部門2位に

スポーツ

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
大会直後、優勝を喜ぶ部員(提供/横浜創学館)
大会直後、優勝を喜ぶ部員(提供/横浜創学館)

 チアの全国大会「USA School&College Nationals2019」が3月25日、千葉県の幕張メッセで開催され、横浜創学館高校のチアダンス部が高校編成Song/Pom Dance部門で初優勝した。また、大学編成Show Cheerleading部門では、横浜市立大学SEAGULLSが2位に輝いた。

「終わりたくない」

 創学館が緊張の中、迎えた決勝は、演技冒頭から気持ちがそろった。最初のテクニックを決めると、会場から大きな歓声が。副部長の朝見佳乃さんは「観客の反応でテンションがあがった。楽しくて(演技を)終わりたくなさすぎだった」と振り返る。最後のポーズを決めると、全員で床をバンバンと叩き全力で楽しめたことを実感。映画「チアダン」のモデルになった福井商業高や厚木高など強豪校を制し、今大会初の栄冠を手にした。

 12月の全日本選手権では7位。「自分たちの代だけ、いい結果を残せていない」。そんな焦りにも似た思いの中、メンバーは懸命に練習を重ねた。チームキャプテンの川村ひかりさんは「とにかく揃えなきゃとばかり思っていた」と話す。

 演技を変えたのは、地区予選1週間前に練習を見に来た先輩の言葉。「何を考えて踊っているのか全然見えない」と評された。「踊るのが楽しいということを忘れていた」と川村さん。その言葉と思いをメンバーに伝えあい、練習に気持ちを込めるように。部長の見供夢夏さんは「あれから気持ちがギュッと一つになった。あの言葉があったからこそ」と振り返る。

 そして迎えた2月の地区予選、神奈川大会で基準点を突破し、見事暫定一位に。川村さんは「充実感はあったけど、喜びより驚きのほうが大きかった」と笑う。”1位”を目指した決勝は、緊張よりも「楽しみ」な気持ちで臨めたという。

19人一体で

 SEAGULLSは、一番目標にしている大会で準優勝を果たした。キャプテンの久保このいさん(4年)は、「悔しい気持ちもあるが19人全員で戦えたことが嬉しかった」と振り返る。

 1月に行われた地区予選では、大会1週間前にメンバーの1人が怪我をし、難易度を保つために19人構成から11人で臨んでいた。「外れたメンバーのためにもとチームが一つになれた」と副キャプテンの黒川茉優さん(4年)は振り返る。

 学業との両立で全体練習は週3回と限られる中、個人練習などで技術を磨き、全国大会には19人で出場した。

 長谷裕子コーチは「4年連続の出場となるが今回が一番、難易度が高かった。選手たちは実力を十分に発揮してくれた」と労った。
 

SEAGULLSのメンバー
SEAGULLSのメンバー

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

館内をアフリカ一色に

杉田劇場

館内をアフリカ一色に 文化

24日 開発会議にあわせ

8月22日号

玉砕の日の慰霊を復活

横浜海軍航空隊

玉砕の日の慰霊を復活 社会

8年ぶり 富岡総合公園で

8月22日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月15日号

甲斐選手 クロアチアで奮闘

プロサッカー六浦東出身

甲斐選手 クロアチアで奮闘 スポーツ

「活躍 日本に届けたい」

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

「水の作文」で国交大臣賞

汐見台中2年柳川さん

「水の作文」で国交大臣賞 スポーツ

県審査で優秀賞も

8月8日号

バトンで世界大会出場

金沢・磯子出身ペア

バトンで世界大会出場 スポーツ

8月にフランスで開催

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

0歳からのコンサート

磯子公会堂

0歳からのコンサート

9月8日 磯子公会堂

9月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク