金沢区・磯子区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

磯子区災害ボランティアネットワークの代表を務める 森本 美知子さん 磯子区磯子在住 65歳

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

女性目線の「防災」を

 ○…磯子区災害ボランティアネットワークの代表を務め、今年で2年目。加入してから10年弱が経つ。毎年行われている同団体主催の訓練は、区役所共催で今年は初めて単独のイベントとして開催される。「行政の防災意識の高まりを感じる。今年は区職員の方にもたくさん参加して頂きたい。大きな一歩になるはず」

 ○…家族で磯子に越し30年以上。「磯子は海も近く高齢者も多い。もっと防災に力を入れる必要がある」。長年、町内会で活動し漠然とそんな思いを抱えていた。2005年に地域の人に誘われ、ライセンス資機材取扱いリーダーの資格を取得。横浜防災ライセンス・磯子の立ち上げも参加した。さらにアマチュア無線技士の資格も取り、東日本大震災の際は無線オペレーターも務めた。「子供も手を離れ、何か資格を取りたいと思っていた。興味があることを何でもやっていたら結果的に防災に繋がっていった」と笑顔で話す。

 ○…学生時代は美大でデザインを専攻。その影響もあり、今でも一番の趣味は手芸。洋服から小さなあみぐるみまで様々なものを作る。「極めよう、という気持ちはなく、ただ楽しんでやっている」。防災活動に手芸も生かす。6年前からエプロンで物語を表現する「おはなしエプロン」を製作。年に数回、区内イベントで子供たちに災害についての知識を分かりやすく伝えている。

 ○…代表として目指すのは「磯子の防災に携わる女性を増やすこと」。衛生面や防犯面など、女性の目線だからこそ気づける点も。最近、区内防災ボランティア4団体の女性同士での交流も始めた。しかしまだ区の防災に携わる女性は少ない。「資格の有無に関わらず、幅広い世代の女性と防災について考えていきたい」と熱をこめる。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

田川 尚登さん

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表理事を務める

田川 尚登さん

横浜市在勤 62歳

9月9日号

村上 悠緋さん

2023年シーズンからJリーグの横浜F・マリノスへの加入が決まった

村上 悠緋さん

関東学院大学3年 20歳

9月2日号

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

アイロンビーズ作家として本を出版した

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

磯子区杉田在住 36歳

8月26日号

坂爪 正博さん

磯子区消費生活推進員の代表を務める

坂爪 正博さん

磯子区坂下町在住 70歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook