金沢区・磯子区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

10月からシドニー総領事館公邸料理人となる 佐伯 光茂さん 金沢区釜利谷東在住 64歳

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

料理で国の架け橋に

 ○…6月下旬にオファーがあり、1週間での返答を迫られた。「この年でも新しいことにチャレンジできることに嬉しさを感じた」と決断。釜利谷東に16年構えた店を8月で閉め、10月からシドニーに渡る。総領事館公邸料理人として要人らをもてなす。

 ○…釜利谷小学校、金沢中学校出身。「母親の手作りの料理が本当に美味しかった」。料理人の道に進みたいと自分で求人を見つけ高校卒業後にホテルオークラに入社。「周りは専門学校を卒業した人ばかりだった」。初めは食器洗いから始まり、業務後に技術を磨いた。禁止されていたアルバイトでひたすらキャベツを千切りしたことも。努力が実り26歳でオランダの支店へ。3年間修業し本場の味を身に付けた。帰国後は高円宮家の担当シェフとして働いた。30歳で憧れの「高帽」をかぶった。「お客様に美味しい料理を提供したいという一心だった」

 ○…両親の介護もあり30年務めたオークラを48歳で退職し釜利谷東に「ばんぼしゅ」を構えた。特にこだわったのが「健康」。グラム単位で味を調整し素材を生かした調理で、子どもから年配の人まで食べられる味付けで料理を提供した。「『美味しかったです』と直接言ってもらえ反応がダイレクトにあったことも個人経営ならでは」と振り返る。

 ○…「趣味は料理。体が続く限り作り続けたい」。胸に持ち続けるこの思いも今回の決断を後押しした。「縁を頂いた紀谷昌彦総領事からは『ばんぼしゅでのもてなしをそのまま行ってもらえれば』とうれしい言葉を頂いた」と笑顔に。カンガルーやワニを使った新メニューもすでに頭の中にある。料理を通して、国と国の架け橋に―。「一生勉強、一生青春という思いでまずは70歳まで目標に作り続けたい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

角田 麻甫さん(本名:角田 麻子)

2月18日〜20日、横浜山手西洋館エリスマン邸で花展を開催する華道家

角田 麻甫さん(本名:角田 麻子)

金沢区能見台東在住 47歳

1月27日号

高島 哲さん

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める

高島 哲さん

金沢区並木在住 74歳

1月20日号

井上 学さん

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める

井上 学さん

磯子区中原在住 56歳

1月13日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月6日号

ボ·トゥ·レインさん

サインワイン奏者でミャンマーの伝統音楽を日本で伝える

ボ·トゥ·レインさん

金沢区金沢町在住 35歳

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook