金沢区・磯子区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の 田沼 広之さん 金沢区大川在住 46歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

W杯後こそ新たなスタート

 ○…自身が初出場した1999年のラグビーW杯ウェールズ大会。街も人もウェールズカラーの真っ赤に染まった。対戦した試合では、声援が重なり風になる光景を体感。鳥肌がたった。「いつか日本でやりたい」――そんな思いが芽生えてから20年。日本での開幕戦、客席を埋めたサクラのジャージを見て、涙が流れた。「想像が現実になった」と感慨深げに話す。

 ○…金沢区東朝比奈で育つ。東朝比奈小ではバスケットボール、湘南学園中学では陸上部に所属。ラグビーとの出会いは中2の時だった。親友に「人数が足りない」とたのまれ試合に出場。ルールもよく分からない中、「ボールを持ったら、あそこに走る」と教えられ、3トライした。何より「みんなで何かを成し遂げる高揚感」が楽しかった。試合の翌日、陸上部に退部の意思を伝えた。

 ○…大学生、社会人時代に金沢区を離れるも、十数年前に戻ってきた。「海と山があって自然豊か。やっぱり好きなんです」。休日には子どもと釣りをしたり、海の公園でサッカーやバスケを楽しむことも。「競技は何であれスポーツは人をハッピーにできるもの。子どもには何かしらスポーツをしてほしい」と親の顔をのぞかせる。いろんな競技に触れる環境が整うといい。そんな中で「最終的にラグビーを選んでくれたら」と願う。

 ○…「サクラのジャージを着る人を増やしたい」とアンバサダーとして、小学校のラグビー教室や講演など様々な普及活動に励んできた。ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の出演もそんな思いから。戦術や試合シーンの監修も行った。W杯の盛り上がりにも「終わった後が大事」と気を引きしめる。東京五輪では7人制ラグビーも控える。競技の普及や、未来の日本代表の育成のため、進み続ける。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介③

10月27日(日)午前10時~ 恒例!ブンブン抽選会

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

神奈川大学の公開講座

100種類以上の多彩な講座。土日や平日夜間講座も充実。どなたも参加できます。

http://www.ku-portsquare.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おやじバンドの競演

おやじバンドの競演

2月8日、金沢公会堂で

2月8日~2月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク