金沢区・磯子区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の 田沼 広之さん 金沢区大川在住 46歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

W杯後こそ新たなスタート

 ○…自身が初出場した1999年のラグビーW杯ウェールズ大会。街も人もウェールズカラーの真っ赤に染まった。対戦した試合では、声援が重なり風になる光景を体感。鳥肌がたった。「いつか日本でやりたい」――そんな思いが芽生えてから20年。日本での開幕戦、客席を埋めたサクラのジャージを見て、涙が流れた。「想像が現実になった」と感慨深げに話す。

 ○…金沢区東朝比奈で育つ。東朝比奈小ではバスケットボール、湘南学園中学では陸上部に所属。ラグビーとの出会いは中2の時だった。親友に「人数が足りない」とたのまれ試合に出場。ルールもよく分からない中、「ボールを持ったら、あそこに走る」と教えられ、3トライした。何より「みんなで何かを成し遂げる高揚感」が楽しかった。試合の翌日、陸上部に退部の意思を伝えた。

 ○…大学生、社会人時代に金沢区を離れるも、十数年前に戻ってきた。「海と山があって自然豊か。やっぱり好きなんです」。休日には子どもと釣りをしたり、海の公園でサッカーやバスケを楽しむことも。「競技は何であれスポーツは人をハッピーにできるもの。子どもには何かしらスポーツをしてほしい」と親の顔をのぞかせる。いろんな競技に触れる環境が整うといい。そんな中で「最終的にラグビーを選んでくれたら」と願う。

 ○…「サクラのジャージを着る人を増やしたい」とアンバサダーとして、小学校のラグビー教室や講演など様々な普及活動に励んできた。ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の出演もそんな思いから。戦術や試合シーンの監修も行った。W杯の盛り上がりにも「終わった後が大事」と気を引きしめる。東京五輪では7人制ラグビーも控える。競技の普及や、未来の日本代表の育成のため、進み続ける。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介③

10月27日(日)午前10時~ 恒例!ブンブン抽選会

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

神奈川大学の公開講座

100種類以上の多彩な講座。土日や平日夜間講座も充実。どなたも参加できます。

http://www.ku-portsquare.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク