金沢区・磯子区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

4月1日付で金沢動物園の園長に就任した 小國 徹さん 金沢区釜利谷東在勤 60歳

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

笑顔になれる動物園に

 ○…金沢動物園が開園した38年前、飼育係として採用された3人のうちの1人。以来16年間、シロイワヤギやプロングホーンなどの世話をし、日本初となるオオツノヒツジの繁殖にも携わった。23年ぶりに園長として大好きな動物園に戻り「忘れ物を取りに帰ってきた感覚かな」と笑顔を見せた。

 ○…宮城県出身。農業高校を卒業後、進学と同時に上京。新聞奨学生として働きながら専門学校に通った。市の職員として採用され、法律を勉強しようと動物園の勤務後、夜間に大学へ通った。「動物園は社会教育施設、博物館施設でもある。専門的な知識を仕事に活かしたかった」と卒業後は聴講生として学芸員と社会教育主事の資格を取得した。さらに30代で大学院に進み環境社会学を学んだ。「勉強は遊びに通じているところがあって。知らないことを知るとワクワクが止まらなくなるんです」

 ○…「本物のウグイスよりうまく吹きたいんです」と話す口笛は趣味を通り越しライフワークの一つ。「息を吸い口の中で転がし、ほっぺの内側で振るわす感覚」と独学で磨いた技で園内に響く鳴き声に呼応する。ピアニストとペアを組み昨年は年60回イベントに出演。マイクなしで公会堂で曲を吹くことも。各区の区民まつりなどへの出演歴もあり「口笛おじさん」として有名人だ。

 ○…「入り口から見た高台の景色は23年経っても変わらない」。市職員として区役所などで勤務していた時も頭の片隅には動物園のことが。「みんな笑顔になってくれる動物園の空間が好きなんです」。新型コロナの影響で3カ月以上閉園していたが、11日にようやく園長として来園者を出迎えた。「みんなが笑顔になれる動物園にしていきたい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高島 哲さん

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める

高島 哲さん

金沢区並木在住 74歳

1月20日号

井上 学さん

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める

井上 学さん

磯子区中原在住 56歳

1月13日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月6日号

ボ·トゥ·レインさん

サインワイン奏者でミャンマーの伝統音楽を日本で伝える

ボ·トゥ·レインさん

金沢区金沢町在住 35歳

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月23日号

江原 由美子さん

磯子区森の一般社団法人神奈川人権センターの理事長を務める

江原 由美子さん

西区在住 69歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook