金沢区・磯子区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

海の公園ライフセービング 異例の夏、安全確保に奮闘 高橋監視長に聞く

社会

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
監視場本部から海の様子を確認する高橋監視長
監視場本部から海の様子を確認する高橋監視長

 新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、海水浴場が開設されない今年の海の公園は、遊泳の自粛が求められるなど例年とは違う夏の様相となっている。そんな中、海の安全を守るためライフセーバーが奮闘している。高橋宏幸監視長(23)に話を聞いた。

 例年、海の公園でのライフセービングは、大学生を中心に40人程度が登録。1日10〜20人がローテーションで活動している。だが、今年の登録者は約半数で5〜10人が常駐している状態だ。多くのライフセーバーは大学の部活に所属し夏の時期に海で活動するが、今年は学校から課外活動を禁止されている学生もいる。1年生の勧誘活動が行えなかった上、自主的に活動を見送る学生もおり、人員確保は難しい状況に。満足な監視をするのは難しいという。2カ所ある監視塔が今年は設置されず、パトロールを中心に海辺と砂浜に目を配る。

 感染症対策が必要とされるのも例年と異なる点だ。ライフセーバーはマスクをつけながら活動するため、熱中症対策は必須。さらに救助した人に感染が疑われる場合は人工呼吸はできないなど対応に気を配る。自粛が求められるものの、海で遊ぶ人はいるといい「今年は遊泳をできる限り自粛してほしい」と高橋監視長は呼びかけている。

「接触避けて」

 遊泳区域を囲う遊泳ブイの設置がないため、SUPやウインドサーフィンをする人と遊泳する人が接触するケースも考えられる。特に今年はいつも以上にSUP利用者が多いとも。中にはライフジャケットなど安全装備をつけない人もいるため、「安全装備を身につけるお願いをするケースが増えている」と今年の状況を説明する。

 「人出は、昨年に比べ落ち着いた感じ。地元の子ども連れが砂浜で遊んでいる様子が見受けられる」と高橋監視長。「感染症対策をしっかり徹底し、楽しんでほしい」とも話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

無料買物バス 地域の足に

食品館あおば岡村店

無料買物バス 地域の足に 社会

磯子地区にあらたな交通

3月4日号

学科教習を24時間録画配信

南横浜自動車学校

学科教習を24時間録画配信 社会

全国初 コロナ禍の不安軽減

3月4日号

毎日1万歩で3千日達成

毎日1万歩で3千日達成 スポーツ

東朝比奈在住・丹澤さん

2月25日号

迷惑電話防止機器を貸与

磯子警察署

迷惑電話防止機器を貸与 社会

特殊詐欺阻止へ 高齢者に

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

「団地の未来」プロジェクト動画を公開

【Web限定記事】磯子区洋光台

「団地の未来」プロジェクト動画を公開 文化

「佐藤可士和展」の一環として

2月18日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

磯子区3団体説明会開催

有償ボランティアやってみませんか?

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日18:54更新

  • 1月21日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

買物で賞品当たる

買物で賞品当たる

金沢区でスタンプラリー

3月8日~4月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク