金沢区・磯子区版エリアトップへ

金澤園文化財をゲストハウスに歴史建築再生で地方創生

文化

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • はてぶ
「この魅力ある建物を伝えたい」と喜多社長
「この魅力ある建物を伝えたい」と喜多社長

 今年、創業100周年を迎えた料亭「金澤園」(柴町)の母屋をゲストハウスとして活用するプロジェクトが進行中だ。都内などでシェアハウスを運営するエー・アイ・ジェイ(喜多正顕社長)が金澤園に提案。6月オープンを目指し、現在準備を進めている。

 金澤園は1916年創業で、現中区曙町にあった料亭「満月」が前身。30年に品川にあった日本家屋を現在の地に移築し、営業を開始した。木造2階建ての建物は国の登録有形文化財に登録されている。

 喜多社長は横浜市の職員らから、金澤園の4代目が創業100周年を迎えるにあたり、建物を有効的に残すためのプランを模索していることを聞いた。「横浜で生まれ育ったが、こんな歴史のある建物があるとは知らなかった」と喜多社長。魅力ある建物を活用し、国内外にその魅力を発信できればと、ゲストハウスの運営を打診した。4代目も「今の形を残せる提案だった」とゲストハウスを快諾し、応援する。「金澤園」としては創業101年目に向け、建物の一部を使って飲食店運営を続けていく予定だ。

大正昭和の雰囲気生かし

 居室は1、2階の大小8つの部屋。喜多社長は「現状の雰囲気を残すため、ふすまや障子もそのまま活用する。利用者同士が交流を楽しんでくれれば」と話す。風呂場にはステンドグラスの窓や岩場があり、昭和情緒が漂う。広めの現厨房は、オープンキッチンのレストランに改装。地元の野菜や魚介類を使った料理や、横浜発祥の牛鍋などを提供する考えだ。宿泊料金は一部屋7000円(2人利用)から。相部屋のドミトリー(3800円)もある(価格は税別)。

 「金沢区には娯楽施設や海の公園など魅力的なコンテンツがあるし、外国人に人気の高い鎌倉も近い。今までなかった需要を掘り起こして、近隣施設や地元店舗が潤えば」と構想を話す。SNSや外国人向けの旅行宿泊サイトで、海外の客にアピールしていく。

 金沢区は横浜市内で最も人口流出が進んでいる区。喜多社長はゲストハウスの運営で、雇用の創出やインバウンド(訪日外国人)の取り込みなども狙う。「大げさかもしれないが、歴史的建造物の再生から始まる地方創生のモデルケースにしたい」と意気込む。

 改修・初期費用の一部、400万円の資金調達のため、インターネットを通じて不特定多数の人から出資や協力を募るクラウドファンディングを利用。支援希望者は【URL】http://readyfor.jp/projects/7379まで。同社(【電話】03・3818・0123)でも受け付ける。 

  • LINE
  • はてぶ

金沢区・磯子区版のトップニュース最新3件

11/7家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

神奈川大学の公開講座

100種類以上の多彩な講座。土日や平日夜間講座も充実。どなたも参加できます。

http://www.ku-portsquare.jp/

<PR>