中区・西区版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

使用済みインクカートリッジ 市が回収箱設置へ  10月から272施設で

真ん中のイラストが目印
真ん中のイラストが目印

 横浜市は10月1日から、プリンターメーカー6社が行っている家庭用使用済みインクカートリッジリサイクル事業に参加する。市内272施設に、カートリッジ回収箱を設置し、燃やすごみの減少、CO2排出量削減などを目指すとしている。

 この取り組みは『インクカートリッジ里帰りプロジェクト』といわれるもの。6社が家庭用使用済みインクカートリッジを郵便局や公共施設などで回収し、各メーカーのリサイクル工場でカートリッジ部品やパレット、コンテナなどに再利用する。3年前からスタートし、125の自治体で取り組まれ、全国的に広がりをみせている。すでに県内では相模原市、川崎市が参加しており、横浜市は10月からとなる。

 横浜市では、使用済みインクカートリッジは燃やすごみとして取り扱われる。市では、昨年度から進める「ヨコハマ3R夢(スリム)プラン」の基本計画で具体的に取り組む施策として、家庭系ごみの減量・リサイクル、適正処理対策などをあげており、今回のプロジェクトはヨコハマ3R夢プランと共通すると判断、参加を決めた。

 このプロジェクト効果により年間約144トン(カートリッジ約578万個分)、400トン(杉の木約2万9千本)のCO2削減を見込む。燃やすごみ削減を掲げる横浜市では”資源循環型”の取り組みになると考えている。

全国で一番多い数

 回収箱は、市内各区役所のほか、地区センター、図書館、地域ケアプラザ、各区資源循環局収集事務所など、全域272施設に置かれる。この数は、参加自治体の中でも一番多く、全国最多となる。回収対象は、家庭用(インクジェットプリンター)のみとなっており業務用は対象外となっている。

 同プロジェクト事務局によると「政令市の中でも人口が一番多い横浜市に参加頂いたことは、ごみの焼却量を含め大きな効果が生まれるのではないかと思う。また全国にも大きな影響があるのではないか」と期待する。

 横浜市の担当者は「家庭で使用しているものを再利用できるこのプロジェクトに、多くの市民に参加して頂き、資源の循環、燃やすごみ減少に少しでも協力して頂ければ」と話している。
 

中区・西区版のトップニュース最新6件

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

新規事業で回遊性向上

2018年度西区予算案

新規事業で回遊性向上

3月8日号

手書き新聞で商店街紹介

西前小6年生

手書き新聞で商店街紹介

3月8日号

松本心君(東小2年)が全国優秀賞

読書感想画中央コンクール

松本心君(東小2年)が全国優秀賞

3月1日号

学童保育 運営道のり険し

【横浜消防】減災行動のススメ

災害時の被害を少なくするための準備が「減災行動」。今日から我が家の対策を!

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク