中区・西区版 掲載号:2018年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

一本松小6年1組 自治会に手作り頭巾贈呈 地域の防災1年かけ学ぶ

教育

代表して防災頭巾を受け取った、第4地区自治会連合会の林和明会長(前列右端)と一本松小6年1組の児童たち
代表して防災頭巾を受け取った、第4地区自治会連合会の林和明会長(前列右端)と一本松小6年1組の児童たち
 今年度、地元との関係を深めようと総合学習で地域防災について学んできた一本松小学校=西区=の6年1組。その集大成として3月10日、地区のおまつりに合わせて1年間の取組みを発表し、学区内の8自治会に手作りの防災頭巾を贈呈した。

 防災頭巾は保護者などから寄贈された200枚近いタオルを縫い合わせて児童が作ったもの。避難所でタオルとして使えるよう、あえて簡単な縫い方にしているのが特徴だ。第3、第4地区にまたがる同校学区の各自治会に、10〜15個ずつ配られる。

 おまつりの開会式の中で行われた贈呈式には自治会を代表して第4地区自治会連合会の林和明会長が登壇。児童から受け取った頭巾をさっそく被ってポーズをとると、訪れていた住民からは笑い声があがった。

 林会長は「子どもたちが地域防災について学んでくれるのは心強い。知識を身につけて、中学生になったら地域防災の力になってくれるとさらに心強い」と話した。頭巾の使い道は自治会ごとに任されるが、おおむね自治会館に配備される予定だ。

 6年1組では地域との関係を深めようと、防災をテーマに1年間総合学習に取り組んできた。その中で地域の高齢化や道が狭いことによる大規模火災のリスクなどを把握。自分たちにできることとして、家庭科の学習を活かした今回の防災頭巾贈呈につながった。

幼稚園保育園には防災すごろく

 この他にも、親子で防災に関心を持ってもらおうと地震発生時の避難場所などを書き込める防災すごろくを作成。防災用の備蓄品や避難時の注意点などがゲーム形式で学べる。こちらは同校児童や地域の幼稚園・保育園に12日に配布された。

中区・西区版のトップニュース最新6件

52年目に再開館

県立歴史博物館

52年目に再開館

4月26日号

ぷかりさん橋が「海の駅」に

メタボ健診を無料化

横浜市

メタボ健診を無料化

4月19日号

おもちゃ蚤の市が100回

高齢者支援に行動指針

中区・西区

高齢者支援に行動指針

4月12日号

藤棚に交流の「デパート」

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜歩いて飢餓救う

横浜歩いて飢餓救う

5月13日にチャリティー

5月13日~5月13日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク