中区・西区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

「イノベーション都市・横浜」のロゴマーク「YOXO(よくぞ)」を制作した 太刀川 英輔さん 中区在勤 38歳

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena

未来創造都市への架け橋に

 ○…横浜市が今年1月に発表した「イノベーション都市・横浜」。この志に共感し、市から無償でロゴマークの制作を引き受けた。象徴となる名前やコンセプトを表した「YOXO(よくぞ)」には「横浜を舞台に様々なクロスオーバーを試し、たくさんのイノベーションのきっかけが生まれてほしい」と願いを込める。

 ○…磯子区出身。父親が設計したマンションで育ち、建築設計の仕事に憧れた。法政大学建築学科を卒業後に、隈研吾教授に惹かれて慶応義塾大学の大学院へ進学。新たな価値観を吸収するなかで「NOSIGNER(ノザイナー)」の肩書きでデザイン活動を開始した。

 ○…起業当初は「デザイナーは匿名でいい」という考えから、名前を名乗らずに活動していたが、東日本大震災以降は復興支援のため「一人で活動するには限界があると気づき名前を明かした」と話す。NOSIGNERはソーシャルデザインを専門とする組織として再始動し、現在は建築やグラフィック、プロダクト、アートなどの分野で100以上の賞を受賞する国際的なデザイナーとして活躍。企業・行政・NPO等との共創による社会イノベーションの一翼を担う。母校である慶応大学SDMでも特別招聘准教授として、生物の進化の発想を応用して、社会の創造的な視点を養う講義を展開し、未来のイノベーターを育てている。

 ○…6年前に関内地域に拠点を移してからは、電通や東京都などと協働した防災ブック『東京防災』を制作しグッドデザイン金賞を獲得したほか、地元でも横浜DeNAベイスターズの「+B」「THE BAYS」のブランディングを手掛けるなど、活動の幅を広げる。「様々な日本初を生み出した横浜を、YOXOでさらなるイノベーション都市に進化させていきたい」
 

中区・西区版の人物風土記最新6

鈴木 浩さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

鈴木 浩さん

泉区在住 54歳

7月2日号

松永 春さん

今春、復刻した絵本『赤い靴』の原作者

松永 春さん

中区山下町在勤 91歳

6月25日号

剱持(けんもち) 京助さん

2020年度の会長として神奈川県弁護士会の舵を取る

剱持(けんもち) 京助さん

横浜市出身 58歳

6月18日号

岩崎 美代子さん

5月に横浜美術協会の会長に就任した

岩崎 美代子さん

神奈川区在住 76歳

6月11日号

直井 ユカリさん

4月1日付で中区長に就任した

直井 ユカリさん

中区在勤 58歳

4月30日号

味上(みかみ) 篤さん

4月1日付で中消防署の署長に就任した

味上(みかみ) 篤さん

中区在勤 57歳

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日12:39更新

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月1日21:03更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク