中区・西区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

指定管理施設 200カ所以上で減収 市、一部補助も

経済

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
指定管理施設の一例(写真は泉区)
指定管理施設の一例(写真は泉区)

 横浜市所管の指定管理施設のうち231施設が、昨年の緊急事態宣言による休館等に伴い減収に陥っている。市では昨年12月の補正予算でその大半の施設に事業費の一部補助を決定。そんな中2度目の緊急事態宣言が発令され先行きがまた不透明になってきている。

 横浜市は市民サービスの向上を目的に民間事業者を含む企業・団体に公共施設の管理運営をゆだねている。市の指定管理施設は今年1月時点で945カ所ある。

 昨年12月の補正予算では同年4〜5月の緊急事態宣言時に減収が生じた231施設のうち、額の大きい220施設に補助を決定。対象となったのはスポーツセンターや公会堂のほか、園内施設を含む公園、地域療育センターなど市民に密着したものばかりだ。合計の補正予算額は約11億8千万円。補助費は施設の規模や過去の売上実績から算出されることからそれぞれ異なる。

運営厳しく

 宣言解除後の6月以降も多くの施設で厳しい状況が続いている。

 泉区の区民文化センター・テアトルフォンテでは収入源となる月間の貸館稼働率が20〜60%ほどに。例年だと区民文化祭などで需要が高まる11月のギャラリー貸室利用はゼロだった。

 心身の発達の遅れや障害のある乳幼児・児童の療育相談・診療・指導等を行う戸塚地域療育センターでは、8月まで未就学児の通園回数を減らす対応を取ったため、通園利用料が減収になっている。

対象拡大へ

 こうした情勢を踏まえ、市では昨年6月から今年3月までの減収分も補助対象とする方針を固めた。市会の2月定例会で審議される補正予算案に盛り込まれる見通しだ。そんな中、2度目の緊急事態宣言が発令され、各施設への影響はまたも不透明だ。

 指定管理制度を所管する政策局共創推進課では「今回の宣言の影響がどこまで及ぶかはまだ分からないが、何かしらの形で現状を踏まえた支援が行われることになると思う」としている。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

「外で働く」を体験

「外で働く」を体験 経済

産官学、MMで試行

4月15日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

横浜ファッションウィーク

シルクセンターなどで横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter