中区・西区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

間門小 地元産タチウオを給食に 本牧の漁師が協力

教育

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
児童と給食を共にする山岡さん(中央)と大庭教諭
児童と給食を共にする山岡さん(中央)と大庭教諭

 中区の間門小学校(高木伸之校長)で2月10日、小学校近くの本牧漁港で獲れたタチウオを使用した給食が、全児童・教職員に約760食提供された。地元漁師の山岡庄吾さんと同校管理栄養士の大庭圭輔教諭が連携し企画したもので、魚類の地産地消給食は市内でも珍しいという。

 「本牧で魚が獲れることを知ってもらいたい」と山岡さんと大庭教諭が協力し始まった同企画は、2019年に続き2回目。「あなごの天丼」を提供した1回目が、児童や保護者、教職員から好評だったため、2回目に向け進められてきた。

 今回は本牧漁港での水揚げ量が1位で、冬に旬を迎えるタチウオを給食に。2月1日に獲れたタチウオの中から、体長50cmほどの子どもでも食べやすい脂ののった約140匹・65kg分を選別。それらを山岡さんが漁港でさばき、冷凍した状態で同校に運ばれてきた。

時間共にし、漁伝える

 当日はタチウオの身が崩れにくく、火が通りやすいフライで調理を施し、前回同様天丼に。山岡さんも同校を訪れ、自身の娘が所属する2年3組の児童ら29人と給食を共に食べた。また2月1日の漁当日には大庭教諭が漁港に赴き、そこでの様子を撮影。漁獲から給食になるまでの過程を、1分半ほどにまとめたビデオも各教室で放映されていた。

 食事後、山岡さんはタチウオや漁などについて児童から質問攻めに。また「おいしかった」「ありがとう」という声が寄せられていた。山岡さんは「子どもたちの喜ぶ顔を見ながら、食べられて良かった。地元の魚や漁のことを伝えるためにも、今後も継続していけたら」と話していた。
 

横浜ファッションウィーク

シルクセンターなどで横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

「外で働く」を体験

「外で働く」を体験 経済

産官学、MMで試行

4月15日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

横浜駅西口に交付拠点

マイナンバーカード

横浜駅西口に交付拠点 社会

申請急増見据え窓口変更

4月8日号

市庁舎へ言葉の道案内

市庁舎へ言葉の道案内 社会

視覚障害支援団体が作成

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

香港民主化の写真展

香港民主化の写真展

中華街で開催中

4月17日~4月29日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter