中区・西区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

間門小 地元産タチウオを給食に 本牧の漁師が協力

教育

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
児童と給食を共にする山岡さん(中央)と大庭教諭
児童と給食を共にする山岡さん(中央)と大庭教諭

 中区の間門小学校(高木伸之校長)で2月10日、小学校近くの本牧漁港で獲れたタチウオを使用した給食が、全児童・教職員に約760食提供された。地元漁師の山岡庄吾さんと同校管理栄養士の大庭圭輔教諭が連携し企画したもので、魚類の地産地消給食は市内でも珍しいという。

 「本牧で魚が獲れることを知ってもらいたい」と山岡さんと大庭教諭が協力し始まった同企画は、2019年に続き2回目。「あなごの天丼」を提供した1回目が、児童や保護者、教職員から好評だったため、2回目に向け進められてきた。

 今回は本牧漁港での水揚げ量が1位で、冬に旬を迎えるタチウオを給食に。2月1日に獲れたタチウオの中から、体長50cmほどの子どもでも食べやすい脂ののった約140匹・65kg分を選別。それらを山岡さんが漁港でさばき、冷凍した状態で同校に運ばれてきた。

時間共にし、漁伝える

 当日はタチウオの身が崩れにくく、火が通りやすいフライで調理を施し、前回同様天丼に。山岡さんも同校を訪れ、自身の娘が所属する2年3組の児童ら29人と給食を共に食べた。また2月1日の漁当日には大庭教諭が漁港に赴き、そこでの様子を撮影。漁獲から給食になるまでの過程を、1分半ほどにまとめたビデオも各教室で放映されていた。

 食事後、山岡さんはタチウオや漁などについて児童から質問攻めに。また「おいしかった」「ありがとう」という声が寄せられていた。山岡さんは「子どもたちの喜ぶ顔を見ながら、食べられて良かった。地元の魚や漁のことを伝えるためにも、今後も継続していけたら」と話していた。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月5日号

「医美アワード」で最優秀賞

医療用テープ

「医美アワード」で最優秀賞 社会

平沼拠点の2人が制作

4月28日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook