中区・西区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 43 『小林一三と原富太郎』

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
山手トンネルの工事 明治44(1911)年頃 横浜都市発展記念館所蔵
山手トンネルの工事 明治44(1911)年頃 横浜都市発展記念館所蔵

 小林一三は阪急電鉄の創業者です。阪急電鉄は、明治43(1910)年に開業し、鉄道延伸計画と合わせて、延伸予定地域の土地を次々に取得し、現在の関西圏の都市基盤を築いていきました。小林は、田園調布の開発を手掛けていた渋沢栄一から依頼され、東京での鉄道事業も指導し、のちに東急電鉄の実質的な創業者となる五島慶太を育てました。

 一方、横浜では明治37(1904)年に横浜電気鉄道(のちの横浜市電)が開業し、青木橋と大江橋を結びました。原富太郎は、横浜電気鉄道の本牧延伸に尽力しました。また延伸予定の本牧の土地を次々に取得し、明治44(1911)年、本牧線開通に合わせ、本牧の都市開発を行いました。開港場・横浜の隣村であった本牧に横浜電気鉄道が延伸し、横浜中心部と鉄道で直結されたことで、本牧は急速に都市化が進み、人口も急増しました。

 都市部と郊外を鉄道で結び、沿線を都市開発していくというビジネスモデルは、現在でも健在です。三溪園を築いた富太郎については、生糸貿易や三溪園で語られることが多いですが、当時の日本を代表する経営者2人が、時を同じくして同じビジネスモデルを考え、展開していたことも知っていただければと思います。

 富太郎のその先見の明に感服しながら、三溪園の南門をくぐって、園内の建物をしばし巡っていきたいと思います。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

23年夏に供用開始へ

本牧市民プール

23年夏に供用開始へ 社会

再整備事業者が決定

5月7日号

『鉄道ファンが集まる神奈川臨海鉄道本牧線』

本牧 気まぐれ歴史散歩 45

『鉄道ファンが集まる神奈川臨海鉄道本牧線』

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

4月22日号

『三溪園 文化財の修繕と費用』

本牧 気まぐれ歴史散歩 44

『三溪園 文化財の修繕と費用』

4月15日号

「みなとみらいの 発展と共に30年」

トップインタビュー

「みなとみらいの 発展と共に30年」

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル谷口 高広 総支配人

4月15日号

街と若者で新たな価値を

街と若者で新たな価値を

NPO法人アクションポート横浜

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter