中区・西区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 43 『小林一三と原富太郎』

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
山手トンネルの工事 明治44(1911)年頃 横浜都市発展記念館所蔵
山手トンネルの工事 明治44(1911)年頃 横浜都市発展記念館所蔵

 小林一三は阪急電鉄の創業者です。阪急電鉄は、明治43(1910)年に開業し、鉄道延伸計画と合わせて、延伸予定地域の土地を次々に取得し、現在の関西圏の都市基盤を築いていきました。小林は、田園調布の開発を手掛けていた渋沢栄一から依頼され、東京での鉄道事業も指導し、のちに東急電鉄の実質的な創業者となる五島慶太を育てました。

 一方、横浜では明治37(1904)年に横浜電気鉄道(のちの横浜市電)が開業し、青木橋と大江橋を結びました。原富太郎は、横浜電気鉄道の本牧延伸に尽力しました。また延伸予定の本牧の土地を次々に取得し、明治44(1911)年、本牧線開通に合わせ、本牧の都市開発を行いました。開港場・横浜の隣村であった本牧に横浜電気鉄道が延伸し、横浜中心部と鉄道で直結されたことで、本牧は急速に都市化が進み、人口も急増しました。

 都市部と郊外を鉄道で結び、沿線を都市開発していくというビジネスモデルは、現在でも健在です。三溪園を築いた富太郎については、生糸貿易や三溪園で語られることが多いですが、当時の日本を代表する経営者2人が、時を同じくして同じビジネスモデルを考え、展開していたことも知っていただければと思います。

 富太郎のその先見の明に感服しながら、三溪園の南門をくぐって、園内の建物をしばし巡っていきたいと思います。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

『横浜開港と明治維新と根岸共同墓地』

本牧 気まぐれ歴史散歩 58

『横浜開港と明治維新と根岸共同墓地』

6月30日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【17】

横浜とシュウマイと私

「せいろでおいしさ2割増?」

6月23日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【16】

横浜とシュウマイと私

「『辛子』の奥深き世界」

5月26日号

『山本周五郎のさんぽ道』

本牧 気まぐれ歴史散歩 57

『山本周五郎のさんぽ道』

5月26日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【15】

横浜とシュウマイと私

「なぜ『醤油+辛子』なのか」

4月28日号

『根岸が生んだ文豪吉川英治』

本牧 気まぐれ歴史散歩 56

『根岸が生んだ文豪吉川英治』

4月14日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook