中区・西区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

6月から半年間にわたり連続回顧展を開催する 上原 収二さん 中区本牧町在住 69歳

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

描き、発信し続ける

 ○…中区麦田のビーズ・カフェで5月30日まで作品展を開く。一部、小さな手帳にパブ画を描き楽しむワークショップ「パブスケッチ」の開講も。6月からは吉田町のリーブギャラリーで連続回顧展を開催する。回顧展のタイトルは「After That Party Revisited」。「『あの宴の後』を再鑑賞していただくという意味です。若気の至りを今もう一度さらしてみたいという気持ちを込めています」と話す。

 ○…20年間、毎年イギリスに赴き、現地でスケッチを描いてきた。作品数は2千点以上。「イギリス全土の制覇を目指している」と笑顔で語った。6月から半年かけて開催する回顧展では、これまで描きためた数百点にもおよぶ作品をはじめ、イギリスでのスケッチ作品などを会期中に入れ替えて展示する。

 ○…出身は東京の目白。幼い頃から絵を描くのが好きで、小学生で画集を作ったことも。高校では美術部と英語部に所属し、その後、美大に入学、画家を目指す。「現実はそんなに甘くない」と卒業後は神奈川県立高校の美術教員に。教師として働きながら、作品制作にも勤しんだ。「教師生活は楽しかった。教え子とは今も交流がある。友達のような関係」とにこり。37年間の教員生活を経て、現在は専業画家。横浜の街に出かけ、スケッチすることも多い。「ゆっくりビールを飲むのが好き」と息抜きは、緑あふれる自宅の庭でのひと時だ。妻と一緒に庭で過ごすこともあるという。

 ○…「作品展は経験があるが、連続展は初めて。これからも描き続けていきたい」。2022年も作品展やワークショップを行う予定。まもなく70歳という節目を迎えるが、絵画への熱は冷めない。

中区・西区版の人物風土記最新6

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

保土ケ谷区在住 78歳

10月21日号

桐谷 佳男さん

(一社)日本産業カウンセラー協会の神奈川支部長に就任した

桐谷 佳男さん

中区桜木町在勤 59歳

10月14日号

中田 恵子さん

神奈川県民ホールのオルガン・アドバイザーを務める

中田 恵子さん

鎌倉市在住

10月7日号

蕭  敬意(しょう けいい)さん

中区歯科医師会の新会長に就任した

蕭 敬意(しょう けいい)さん

南区在住 55歳

9月30日号

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

中区元浜町在住 55歳

9月23日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 38歳

9月16日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook