中区・西区版 掲載号:2022年3月17日号 エリアトップへ

市政報告 「小児ワクチン接種が始まりました」 自民党市会議員 松本 研

掲載号:2022年3月17日号

  • LINE
  • hatena

 令和4年1月中旬以降、市中の感染拡大に伴って市立小中学校でも陽性患者数が急増しており、教職員では1182人、児童生徒では1万6161人に達しています(2月24日現在)。児童生徒の感染者はいずれも無症状又は軽症ですが、現在も依然として高い水準となっています。

 全国的には、小児でも中等症や重症例が確認されており、ワクチン接種については、特に基礎疾患を有するなど重症化リスクの高い小児には接種の機会を提供することが望ましいとされ、今後も新たな変異株の流行が想定されるため、5〜11歳の小児も希望される方は接種を受けることができるよう、各自治体に事務連絡が発出されました。但し、予防接種法上の努力義務の規定は適用されていません。

 これを受け市では、住民登録のある5〜11歳までの対象者21万人に3月4日から個別接種券が発送されています。接種場所は小児接種協力医療機関で、予約は各医療機関となります。スケジュールは、3月7日から基礎疾患等がある方を対象に優先予約を受け付けており、19日以降から年齢に応じて予約をすることができます。ワクチンはファイザー社の小児用ワクチンを使用し、3週間の間隔をおいて2回接種となります。詳細は、個別接種券に同封されている説明書または横浜市HPをご参照ください。

正しい知識を

 小児接種に関しては、一部の保護者の方々がワクチンの有効性や安全性、副反応等に不安を感じています。ワクチンの感染症予防の効果と副反応のリスクについては、厚生労働省や市HP、コールセンターなどから正しい知識を持っていただき、対象のお子様とも相談の上、保護者の方に接種するか否かの判断をしていただきます。保護者の同意なく接種が行われることはありません。

 市では、ワクチン接種に関する正確な情報提供や相談体制の充実などに取り組むとともに、周りの方に接種するか否かを強制したり、接種に関して差別的な対応が起こらないような広報に努めます。そして、子どもたちの感染拡大のリスクを抑えるともに重症化を防ぐことができればと思います。ワクチン接種について疑問や不安がある場合には、日頃から受診しているかかりつけ医などに相談されるか、左記の横浜市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(小児接種)にお問い合わせください。

松本研

横浜市中区宮川町2-44

TEL:045-261-2251

http://matsuken.hama1.jp/

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

6月の補正予算案が議決

市政報告

6月の補正予算案が議決

自民党市会議員 松本 研

6月23日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

横浜港、市内所得の3割を創出

市政報告

横浜港、市内所得の3割を創出

自民党市会議員 松本 研

5月26日号

市内経済を支え、市民の安全守る「横浜港」

市政報告

市内経済を支え、市民の安全守る「横浜港」

自民党市会議員 松本 研

4月7日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook