鶴見区版 掲載号:2012年9月6日号
  • googleplus
  • LINE

2年連続で中学生の体操日本一になった 湯浅 賢哉さん 鶴見ジュニア体操クラブ所属 14歳

活躍しても普通でいたい

 ○…8月19日から21日に行われた中学生の体操日本一を決める唯一の大会「全国中学校体操競技選手権大会」の男子個人総合で2連覇を果たした。昨年は大会史上初めて中学1年生で優勝。2年生になった今年は、体が成長したことで大会前にケガが続いていた。「不安はあった。でも本番だけはしっかりやろうと思っていた」。強い思いで確実に結果を残し、試合に臨む心の整え方も覚え始めたという。「力んでしまうとダメ。余計なことは考えないようにすると上手くいく」。客観的に分析して話す姿は少し大人びている。

 ○…体操を始めたのは5歳ごろ。「2人の兄が体操をしていて、楽しそうだと思って」。以来週5、6日は練習という生活。友達と遊ぶ暇もなかった。「小学生の頃は遊びたくて体操をやめたくなる時もあった」。中学生になると勉強との両立が課題に。「大会遠征の翌日がテストだと点数はボロボロ。どうせならテストと大会がかぶってくれればいいのになぁ」。無邪気に本音を漏らす。

 ○…中学校では「どっちかっていうとムードメーカー」だという。「クラブの中では年上の人も多いからおとなしくしてるけど、学校ではもっとはしゃいでる」。中学生日本一を始め、国際大会でも上位の成績を残すほどの活躍をしてきたが、友人から羨望のまなざしで見られることに複雑な思いもある。「すごいから違うなとは思われたくない。普通の友達として見てほしい」。体操はできても女の子にはモテないという。曰く「身長が150センチくらいしかないから」だそう。「バスケやってる子の方がモテる」と苦笑いした。

 ○…「将来はオリンピックに出たい」。てらいなく言う。日本代表が活躍した今年のロンドン五輪体操。テレビを見ながら「自分は本番でこういう失敗はしないように」と練習の参考材料にしていたという。4年後は、すでにしっかりと射程範囲に入っている。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

山田 三夫さん

仲間とともに区制90周年記念チャリティー社交ダンスパーティーを企画する

山田 三夫さん

2月1日号

伊藤 詔子さん

史季の郷ボランティアの代表として活躍する

伊藤 詔子さん

1月25日号

畑井(はたい) 勝也さん

鶴見中央地域内で緑化推進運動を行う

畑井(はたい) 勝也さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク