鶴見区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

生麦のキリンビール株式会社横浜工場で工場長を務める 箕浦 直哉さん 川崎市在住 56歳

ビールづくりは絆づくり

 ○…「かながわ地球環境賞」を受賞したキリンビール株式会社横浜工場の工場長として、工場全体のマネジメントなどを行う。「ビールの原料は大地の恵みによって得られている。環境への還元は私たちの使命だと思っている」と受賞について語る。工場長には今年1月1日に就任したばかり。「横浜はキリン発祥の地。当社のルーツとも言える横浜工場で働けることを、誇りに感じている」という。

 ○…滋賀県出身。大学時代に微生物や発酵について研究し、キリンビールに1978年に入社。広島工場を皮切りに、福岡、神戸など各地の工場を渡り歩き、工場長を務めるのは今回で3度目だ。ビール作りは人の絆を強くするものだと考える。「祝いの席など、うれしい、楽しい場面にビールは必ずある。人生の節目に大事な人とラガービールを飲み交わしたことが思い出だと言ってくれる人もいる。ビールを通し、人と人をつなぐことができるのがこの仕事の魅力」

 ○…家庭では、妻と二人の娘を持つ。意外にも家族はビールよりもワイン派。「私はビールが一番なんだけれど」と笑う。趣味は山登りにスキューバダイビング、そして寺巡り。鶴見を代表する大本山總持寺にももちろん足を運んでいる。「大黒様は大きくてすごかった」。寺を巡ると心が落ち着くという。「ご先祖様を大事にしたい。今仕事ができるのは、両親やその親のおかげだからね」

 ○…工場長は地域と工場のパイプ役でもある。地元への感謝は忘れない。「横浜工場が製品を生産できるのは、地域の皆様のおかげでもある。地域に根差し、貢献していきたい」。世界の強豪に負けない競争力をつけていくことも今後の目標。「プライベートブランドや、世界的なメーカーなどの多くのライバルと戦っていかなければならない。新しい技術を取り入れ、うれしい、楽しいエピソードにふさわしいビールをこれからも作っていきたい」
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

黒川 治宣さん

江ヶ崎町内会の会長として地域をまとめる

黒川 治宣さん

3月22日号

籔内 久士さん

県立三ツ池公園の所長として活躍する

籔内 久士さん

3月15日号

寺内 克彦さん

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ

寺内 克彦さん

3月8日号

荒屋 勝寿さん

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める

荒屋 勝寿さん

3月1日号

松野 良明さん

生麦盛り上げ隊の隊長として、まちゼミを企画する

松野 良明さん

2月22日号

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク