鶴見区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

元宮ファイターズ全国へ 県内約900チームの頂点に

スポーツ

全国制覇を目ざす元宮ファイターズ
全国制覇を目ざす元宮ファイターズ
 区内の少年野球チーム、元宮ファイターズが高円宮賜杯第33回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント神奈川予選大会を制し、全国へと駒を進めた。同大会では2度目の優勝。8月6日から日本一をかけ、神宮球場で熱戦を繰り広げる。

 6月1日から9日にかけて行われた同大会は、予選を含め約900チームが参加する全国でも屈指の大規模な大会だ。元宮ファイターズはバッテリーを中心とした守りの野球で、並み居る強豪との戦いを制した。

決勝はサヨナラ

 決勝は4回表に2点を先制され苦しい展開に。「こちらはなかなか点を取れず、終盤までもつれてしまった」と片桐一真主将(末吉小6年)は激戦を振り返る。それでも6回裏に相手のミスに付け込み同点に追いつくと、最終回に押し出し四球。サヨナラ勝ちで優勝を飾った。「審判の集合の掛け声ではじめて優勝を実感した」と片桐主将。試合後の整列ではチームメイトらと涙を流して喜んだ。

 浅井保彦監督は「リードされた場面から追いつき、逆転したことに成長を感じた」と評価。全国へ向けて片桐主将は「予選で戦ってきた敗者の想いを背負って、優勝目指し最後まであきらめず頑張ります」と決意を新たにした。

亡き前監督へ誓った優勝

 ベンチには昨年7月に亡くなった木下薫前監督の写真が置かれている。「前監督のためにもまずは1回優勝を」とチームは団結した。「木下さんの笑ってる写真の存在が大きかった」と浅井監督。「天国の木下さんとは一心同体」と仲井幸治コーチも絆を忘れることはない。

 片桐主将は「ジュニア時代に見てもらった事があった。その時に教えてもらったことを1軍になった時にプレーで表したかった」と想いを語る。たくましく育った教え子たちの活躍を、木下さんもきっと見守っている。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク