鶴見区版 掲載号:2014年4月10日号 エリアトップへ

横浜商科大 新入生に地産弁当 市内企業も協力

掲載号:2014年4月10日号

  • LINE
  • hatena
地産地消弁当を味わう学生ら
地産地消弁当を味わう学生ら

 横浜商科大学=東寺尾=で4月3日と4日、今春入学した新入生280人のために、横浜野菜などを使った「地産地消弁当」がふるまわれた。

地域関わるきっかけに

 商学科、貿易・観光学科、経営情報学科の3つの学科を持ち、経営やビジネスなどについて専門的に学ぶ学生が集まる同大。企画に携わった同大の宍戸学教授は、「地産地消は、ビジネスを勉強するための素材になる。地元の活性化のために、学生たちが地域に関わり、考えるきっかけを与えてみたかった」と趣旨を説明する。地産の弁当を新入生にふるまう取り組みは今回が初めてだという。

 企画には、横浜産の食材を使った弁当を提供し、地産地消を積極的に進めている仕出し弁当店「うお時」=中区=やキリンビバレッジ株式会社など、市内企業が協力。学生たちは、横浜産の小松菜や椎茸などを使った特製ナポリタンなど、工夫を凝らしたメニューの数々を楽しんだ。

 うお時の渡邉清高専務取締役は、「横浜でこれから学ぶ学生たちに、多文化で特色のある横浜の魅力を感じてもらうきっかけになれば」と期待する。

 弁当を食べた学生は、「野菜は地方で獲れるものというイメージだったが、横浜でもこんな食材があり、おいしいとは知らなかった」と驚いていた。

 同大は、今後も地元を題材にして、学生の学習を進めていきたいとしている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ロボット探究部が世界5位

YSF中高

ロボット探究部が世界5位 教育

青少年対象の大会で入賞

6月23日号

はかま姿で魅力発信

はかま姿で魅力発信 文化

毎日新聞横浜支局 サポーターを公募

6月23日号

鶴見総合高に和太鼓寄贈

(株)マルハチ

鶴見総合高に和太鼓寄贈 教育

「練習の励みになれば」

6月23日号

横浜18区キャラが勢揃い

横浜18区キャラが勢揃い 社会

東戸塚でパネル展

6月23日号

「健やかに」一針に思い込め

「健やかに」一針に思い込め 社会

幼子見守る背守り会

6月23日号

親子で楽しむ音楽会

親子で楽しむ音楽会 文化

サルビアホール

6月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook