鶴見区版 掲載号:2015年10月22日号
  • googleplus
  • LINE

鶴見シニア友の会会長を務める 崑野(こんの) 祐司さん 北寺尾在住 83歳

友がいるから幸福

 ○…シニア世代が親交を結びあう「鶴見シニア友の会」が4月に設立し、10月11日には発足後初めての「親睦と絆の会」を終えた。同会の前身「神奈川県年金受給者協会鶴見分会」時代から、会長に就任し、10年以上務めあげてきた。「ここまで継続できているのもみんなの協力があってこそ」と感謝の思いを示す。来年4月には新たに婦人部を作り、会の内容を充実させるつもりだ。「『小さく・楽しく・さわやかに』が私たちのキャッチコピー。規模拡大より質を高めていきたい」と抱負を語る。

 ○…山形県山形市生まれ。大手ゼネコンの大成建設入社とともに上京し、土木建築に携わる。10歳上の兄が国鉄でトンネル建設などの土木関係の仕事に就いていたことから、「感化されたのでしょう」と振り返る。60歳で退職するまで会社一筋の毎日を送ってきた。「全国転勤もあって忙しく、子どもとふれあう時間も少なかった」と明かす。地域との接触もなく顔見知りもいない。だからこそ、リタイア後は地元とのつながりを持ちたかったという。「今は鶴見に友達がいっぱいいる。幸せですね」と笑顔を浮かべる。

 ○…健康が自慢。秘訣は日々の習慣だ。早朝4時に起床し夫婦で4Kmウォーキング、食事は野菜中心、週3回はプールで2Km休みなしで泳ぎ、時には近所の清掃ボランティアにも参加する。「水泳は60歳から続けている。この生活リズムのおかげで大きな病気もない。継続が何より大事」と達者ぶりを語る。

 ○…地域で閉じこもりがちな高齢者を活動に引き込むことが、今後の課題だ。会員になっても上手く打ち解けられない人には積極的に話しかけ、緊張をほぐすという。「会に参加して自分自身も会社人間から変わった。おしゃべりは私たちにとって健康の秘訣」。年を重ねても、語り合える存在を大切にして、活き活きと。シニアの交流の輪を広げ、元気を届けていく。

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

橋本 大二郎さん

閉校となった鶴見工業高校同窓会の会長を務める

橋本 大二郎さん

4月12日号

山田 夢子さん

馬場町和太鼓クラブ「虎響」の講師を務める

山田 夢子さん

4月5日号

黒川 治宣さん

江ヶ崎町内会の会長として地域をまとめる

黒川 治宣さん

3月22日号

籔内 久士さん

県立三ツ池公園の所長として活躍する

籔内 久士さん

3月15日号

寺内 克彦さん

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ

寺内 克彦さん

3月8日号

荒屋 勝寿さん

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める

荒屋 勝寿さん

3月1日号

4/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海でヨットに乗船を

海でヨットに乗船を

KMC横浜ジュニア 小中学生向け体験会

4月15日~4月15日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク