鶴見区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

トレッサ横浜 地域と歩んだ軌跡 25日に創業10周年

社会

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
環2沿いに広がるトレッサ横浜
環2沿いに広がるトレッサ横浜

 (株)トヨタオートモールクリエイト(本社/愛知県名古屋市)が運営する地域密着型商業施設「トレッサ横浜」が3月25日で10周年を迎える。「地域とともに」というコンセプトを掲げ、近隣の町内会などと手を取り合って成長し続けている。

 現在の地がトヨタの物流拠点跡地だった頃、「商業施設が欲しい」という地域住民の声があったことから、住宅街に囲まれたこの土地で創業した。ミッションは「地域貢献」。積極的にまちづくりに参画し、地域に愛されるショッピングセンターを目指すことを最優先事項とした。

 町内会や学校、行政などと行った取組みは数知れない。2014年には駒岡地区連合会、寺尾地区自治連合会と「災害発生時の応援協定に関する覚書」を締結。発災時には連絡を取り合い、相互に応援協力することを約束した。防災訓練の際は互いに参加し、協力体制の内容確認を行っている。

 中学校の職業体験も受け入れており、例年市内・川崎市の16校から参加。知的障がいを持つ中高生に向けた体験も行っている。他にも獅子ヶ谷町内会婦人会との盆踊りや、横溝屋敷との七草粥・節分・月見など季節のイベントなども共催してきた。こうした功績が称えられ、昨年には(一社)日本ショッピングセンター協会主催の「第5回地域貢献大賞」を受賞した。

 「嘘のつけない付き合い」。地域との関係性を栗原郁男プレジデントはこう語る。住民からの生の声を聞き、本音でぶつかり合ってきた。特に長年その地に居を構える町内会メンバーとは絆が固く、今では世間話を交わす仲に。

 10年間、年間来館者数の記録を塗り替え続けている同施設。2017年度末も新記録の1460万人超が見えてきているという。栗原プレジデントは「次の10年に向け、動き出したところ。毎年一つひとつ階段を上がっていき、10年後にはさらに笑顔と愛であふれる施設になっていたい」と力を込めた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

即興の絵を競う

即興の絵を競う 文化

ライブペイント企画 30日に

10月21日号

電話録音機を貸出中

電話録音機を貸出中 社会

詐欺防止に活躍

10月21日号

歴史学ぶ連続講座

歴史学ぶ連続講座 文化

11月6日と13日に

10月21日号

「大切な資産を守るため」

「大切な資産を守るため」 社会

神奈川銀行に聞く

10月21日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月21日号

還付金詐欺が増加傾向

区内振り込め等

還付金詐欺が増加傾向 社会

非接触の手口を利用か

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook