鶴見区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

鶴見区民文化センターサルビアホールの館長に就任した 山口 滋生さん 鶴見中央在勤 57歳

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena

満員の笑顔を糧に挑戦中

 ○…可動式で多目的に活用できる大ホール、プロからも評判の良い音楽ホールなど、設備が整うサルビアホール。音楽施設というと、クラシックやオーケストラなどプロ級をイメージしがちだが、「ここは区民文化センター」と微笑む。「定期的に行う低価格の音楽会や落語などは、市が母体の施設ならでは。プロも含め、色々な層が満足できるように運営したい」と意気込む。

 〇…「楽器もわからない。ど素人」。そう苦笑する。実はつい先日まで、キリンビール(株)に勤務。営業部門で長年働いていた。「最後のチャレンジがしたかった」と、わざと知識も経験もない全く異なる業界を選んだ。ホールを借りる人も来場者にも満足してもらうには、安全面やタイムスケジュールなど、様々な部分に気を配る必要がある。不慣れからくる大変さもにじませるが、「発見がたくさんあって楽しい」と挑戦中の充実感が上回る。

 〇…スポーツ好き。特に好きなのは、自身も打ち込んだサッカー。目下、ロシア・ワールドカップで寝不足が続いている。「日本は残念ながら負けちゃったけど。決勝トーナメントに入ってからの戦いは面白い」と目を輝かせる。息抜きは、月に2回ほど妻と行く映画鑑賞。「暗いと眠くなる時があって、寝ないように見張られている」と笑う。

 〇…ホールの稼働率は年々上がっている。それを支えてきた各種事業など、ベースはある。異業種にチャレンジして気づいたのは、間近で見る来場者の笑顔は、何よりも嬉しいということ。「ニーズを見極め、色々なジャンルに取り組みたい」。前職で生麦に来ていたこともあり、縁を感じる鶴見。「一人でも多くの区民に来てもらい、喜んでもらえる施設にしたい」。たくさんの笑顔に会う挑戦は始まったばかりだ。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

後関 悦久さん

ボランティア団体・おっさんネットワークつるみの蕎麦打ち活動をまとめる

後関 悦久さん

上末吉在住 75歳

2月20日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月13日号

塩田 航佑さん

中学生映画監督として活躍する

塩田 航佑さん

横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校3年

2月6日号

KIAさん(本名:上野 亜揮)

潮田地区センターを拠点に練習するジャグリング世界ファイナリスト

KIAさん(本名:上野 亜揮)

市場下町在住 23歳

1月30日号

藤井 文(あや)さん

東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会が推薦する聖火ランナーに選ばれた

藤井 文(あや)さん

鶴見中央在住 47歳

1月16日号

望月 佳子さん

鶴見区盛り上げ隊の発起人として活動する

望月 佳子さん

東寺尾在住 45歳

12月19日号

日下 晋輔さん

国際交流ラウンジの館長を務める

日下 晋輔さん

鶴見中央在勤 48歳

12月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク