鶴見区版 掲載号:2019年3月7日号 エリアトップへ

「お母ちゃん学」を主宰する 佐々木 美香さん 鶴見中央在住 41歳

掲載号:2019年3月7日号

  • LINE
  • hatena

伝えたい”生きる力”

 ○…「お母ちゃん学」と題したママたちのための講座を週に2〜3回、ハーモニーとよおかや公会堂などで開催する。自身が講師となる講座のテーマは主に“防災”。ポーチ一つで安心できる防災グッズや、非常食の試食会など身近に役に立つものばかり。「他人事だと思っている人が多いけど、地震は定期的に起こっているし、いつ被災するか分からない」

 ○…宮城県仙台市出身。泳ぐことが好きで近くの海岸に通っては海の中へ。20代の頃はスキューバダイビングのインストラクターとして海外で活動。30歳で帰国し鶴見へ。その後、東日本大震災で実家が被災。身近にあった海岸が姿を変え、大きなショックを受けた。自身は当日、生後6カ月の子と一緒に横浜で帰宅難民に。子どものために何もできなかった。「怖かった。このままではいけない。守れる力がほしい」。防災術について猛勉強。「知識をアウトプットして、いざという時の母親たちのネットワークを作りたい」。お母ちゃん学を2年ほど前から開始。「自分の経験は誰かの生きる力になるはず」

 ○…普段はカフェのバリスタとして働く。休みの日はお気に入りの豆を丁寧に挽いてコーヒーを飲むのが至福のひと時。アウトドア派で、子どもとはいつも自然の中へ。「まだカブトムシの幼虫しかいないかもしれないけど、春先には沢山の生物と触れ合いにいく」

 ○…今後の野望は様々な分野の人とコラボして活動を広げること。「防災はどんな人でも必要な情報だし、可能性を感じる」。いずれは、母たちだけでなく、子どもや独身の一人世帯、お年寄りまで幅広い年代に伝えることが目標だ。「それが地域のつながりを作るなど、相乗効果を生めば」。ワイルドなお母ちゃんが思いを伝えていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

藤井 文(あや)さん

東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会が推薦する聖火ランナーに選ばれた

藤井 文(あや)さん

鶴見中央在住 47歳

1月16日号

望月 佳子さん

鶴見区盛り上げ隊の発起人として活動する

望月 佳子さん

東寺尾在住 45歳

12月19日号

日下 晋輔さん

国際交流ラウンジの館長を務める

日下 晋輔さん

鶴見中央在勤 48歳

12月12日号

本間 忠志さん

トレジャーハンティングinつるみで実行委員長を務めた

本間 忠志さん

江ケ崎町在住 31歳

12月5日号

高橋 昌幸さん

ソフトボールチーム「汐入クラブ」の監督を務める

高橋 昌幸さん

汐入町在住 61歳

11月28日号

金田 正和さん

馬場花木園にある旧藤本家住宅の館長を務める

金田 正和さん

馬場在勤 61歳

11月21日号

生方 常明さん

光瑞山天院の住職を務める

生方 常明さん

寺谷在住 52歳

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク