鶴見区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる 森山 民雄さん 潮田町在住 71歳

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

唯一の鶴見的発展を

 ○…潮田小をサポートする共学舎の創設時メンバーとして、登校見守りや学習支援など、週に4〜5日は学校へ通う毎日を送る。「みんなが行きたくなるような学校を作りたい」。外国人の多い地区。初めは言葉が通じず、馴染めない子も多いという。留学経験などを活かし、特別な支援を必要とする子どもたちを受け入れる体制作りを模索する。「生意気な子も多いけど、それが可愛いんだよ」。会話の節々から子どもへの深い愛が伝わってくる。

 ○…生まれも育ちも鶴見。地域と関わるようになったきっかけは、二人の息子が生まれてから。保育園の保護者会会長から小中高PTA会長まで地域活動に積極的に参加した。「頼まれたら断れないし、共働きだったから自分がやらなければと思ってね」と笑う。PTA会長時代には、潮田小学校の体育館の設置や潮田中学校の校舎建て替えなど、重要な選択を迫られることも多かったが、しっかり地域の意見を通してきた。「横浜市は人口が多い。行政側の手が届かない部分もあるから、地域側から発信しなくては」

 ○…小学生の頃から続けている柔道。今も潮田中の柔道クラブで汗を流す。「大学生が強くてね」と苦笑いするが、心の若さはまだまだ負けていない。「相手を倒すのはスポーツの原点。スッキリして気持ちいいよ」

 ○…鶴見に外国人が多いことを大きなチャンスだと捉えている。長年多様な文化を受け入れてきた風通しのいい風土。新しい発想が生まれる可能性を感じている。富裕層しか学べない国もあるなか、外国人にとっても日本は学び活躍する機会が多い国だ。「様々な可能性を広げるためにも、まずは子どもたちが居心地の良い場所を作りたい」。鶴見の未来のため、子どもたちのため、地道な活動を続けていく。

10/4家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

生方 常明さん

光瑞山天院の住職を務める

生方 常明さん

寺谷在住 52歳

11月14日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月31日号

山内 秀行さん

潮田中央地区連合会の会長で、健康フェスタ開催の中心となってまとめる

山内 秀行さん

潮田町在住 65歳

10月24日号

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク