鶴見区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

光瑞山天院の住職を務める 生方 常明さん 寺谷在住 52歳

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena

 ○…寺谷の山門をくぐると、都会の一画とは思えないほど自然豊かな庭が広がる天王院。文政時代から続き、一度は途絶するも、師である前住職が復活させた大師講を引き継ぐ。「お経は、願いごとを仏様に伝えるためのもの。参拝者も後ろにいることが多い。だから、大きな声を出すことがモットーです」

 ○…東京都出身。叔父である師には子どもがおらず、幼い頃から跡継ぎにならないかと声をかけられていたが、断っていた。「実の父だったらすんなり継いでいたかもしれないが、何となく格好がつかないと思っていて」。大学では西洋哲学を学ぶなどし、コンピューター関係の仕事に就職するも、3年で退職。再度勉強を始め、大学に行こうとするも叶わず、「就職するつもりで寺をやってみてもいいんじゃない」という周囲の言葉に背中を押された。28歳のときだった。師は、多くを語らない人だったが、表情で気持ちはくみ取れた。「法要が上手くいった時は笑顔を見せてくれて嬉しかった」。話の節々から師への敬意が伝わる。

 ○…妻と娘2人の4人暮らし。たまに行ける家族そろっての外食が楽しみ。「この前はトレッサの回転寿司に行きました」。戦争や政治といった歴史に興味があり、最近は『憂国のモリアーティ』という歴史漫画にハマっている。

 ○…人も必要なため、実施する寺も少なくなっている大師講はもちろん、寺を知ってほしいと願う。塀も高く「こんな大きなお寺があるとは知らなかった」との声も多い。師の意向で常に季節の花がどこかしらに咲いており、水琴窟という庭園装飾が設置されるなど、寺の話は尽きない。「魅力をもっと伝えたい」。師の思いを継ぎ、志を持って寺を守る。
 

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

後関 悦久さん

ボランティア団体・おっさんネットワークつるみの蕎麦打ち活動をまとめる

後関 悦久さん

上末吉在住 75歳

2月20日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月13日号

塩田 航佑さん

中学生映画監督として活躍する

塩田 航佑さん

横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校3年

2月6日号

KIAさん(本名:上野 亜揮)

潮田地区センターを拠点に練習するジャグリング世界ファイナリスト

KIAさん(本名:上野 亜揮)

市場下町在住 23歳

1月30日号

藤井 文(あや)さん

東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会が推薦する聖火ランナーに選ばれた

藤井 文(あや)さん

鶴見中央在住 47歳

1月16日号

望月 佳子さん

鶴見区盛り上げ隊の発起人として活動する

望月 佳子さん

東寺尾在住 45歳

12月19日号

日下 晋輔さん

国際交流ラウンジの館長を務める

日下 晋輔さん

鶴見中央在勤 48歳

12月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク