鶴見区版 掲載号:2020年4月16日号 エリアトップへ

令和2年度 ⅤOL1 山田かずまさ市政報告 大事なのは『あと少しの想像力』危機を乗り越えよう

掲載号:2020年4月16日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス対策特別措置法に基づき、本年4月7日緊急事態宣言が発せられました。

 多くのイベントや行事が中止ないしは延期となり、外出自粛、学校や勤務先の休業などにより、日常に大きな影響が出ています。

 緊急事態宣言を受けて、理髪店を営む友人は「自分の感染の可能性だって全くゼロではない。お客様や子ども達が、万が一でも集中治療室に入る姿を見たくない」と長期の休業を決めました。家族を抱える父親として、働き盛りの経営者として、簡単な決断ではなかったと思います。医療従事者や行政職員等ははもちろん、彼のような、無数の街のヒーローたちが、この未曾有の脅威に対し、最前線で必死に戦っています。

 無名のヒーロー達が、仕事・家族・人生を守っていけるよう、政治家として、国に県に横浜市にしっかりと訴えていきたいと考えています。

 他方で、在宅勤務・外出自粛や学校休校が長期化し、家庭内のストレスが臨界に達する中、児童虐待や家庭内DVのリスクが高まっています。

 『家にいよう』と叫ばれていますが、安全であるべき『家』で地獄のような日々を強いられる児童や被害者がいるかもしれません。同じマンションで、隣の家で、そんな危険にさらされている子供や被害者がいないか。みなさんの「目と耳」が子ども達を守るセンサーになります。

 『家にいよう』は、『他の人に対する無関心』とイコールであってはいけません。必要なのは、それぞれの場所で『見えない誰かに対する想像力』をいつもより少しだけ働かせることです。休校やテレワークの向こう側に、危険にさらされる子ども達がいること。飲食店や理髪店の休業の向こう側に、家族を養う糧を奪われるお父さん・お母さんがいること。あと少し、ほんの少しの想像力で、誰も取り残さずに、この危機を乗り切れるはずです。

 私も、政治家として、法律家として、「微力だけど無力ではない」と信じて、今できることを全力で頑張っていきたいと思っています。

山田かずまさ

横浜市鶴見区寺谷1-3-2

TEL:045-584-1133

https://xn--u8juao8l136t994a.com/

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市の不妊治療の支援策

誰もが産みやすいまちを目指して 市政報告みちよレポ【17】

横浜市の不妊治療の支援策

横浜市会議員(自民党)東みちよ

5月19日号

県教育委員会におけるヤングケアラー支援を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」68

県教育委員会におけるヤングケアラー支援を実現

公明党 鈴木 ひでし

5月12日号

平和推進の取組進める

市政報告太'sレポート 125

平和推進の取組進める

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月28日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

4月14日号

県の公式ホームページの全面刷新を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」67

県の公式ホームページの全面刷新を実現

公明党 鈴木 ひでし

4月14日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook