鶴見区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

令和2年度 ⅤOL2 山田かずまさ市政報告 子どもたちに胸を張れる大人で、社会であるように

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 5月4日、政府は5月末日までの緊急事態宣言の延長を発表しました。

 学校休校が始まってから2カ月。本格的な休業要請・出勤制限が始まって1カ月。新型コロナウイルス感染症に対し、いまだ先の見えない戦いが続いています。

 家庭で、職場で、地域で、経済的にも精神的にもギリギリの日々を送る皆さんに、更なる負担をお願いすることを簡単に「やむを得ない」という事はできません。横浜市では、補正予算を5月15日の臨時会で議決し第一次対策を実施しますが、あくまで「一手目」。市に、県に、国に、早く確実な「届く支援」を、今後も訴えていきます。

 長期化する中、各所で「自粛疲れ」が臨界に達しています。敵は、ウイルスという『誰も悪くない、誰にも責任がない』もの。それでも、報道やネット上の『ことば』達は、疲れ、苛立ち、ストレスのはけ口となる『誰か』を探し回っているように感じます。

 そんな中、不幸にも感染した方々、物流や医療などの最前線に関わる方々、その家族に対する、心ない「差別的な」対応があったと各地で報告されています。

 感染予防が最優先なのは当然。『近くでクラスターが発生した!』と聞いて不安になるのも当然です。「差別的」と批判された人も『不安』や『恐怖』の中、何かを守るために必死な場合がほとんどでしょう。

 それでも、東日本大震災の際、『放射能』という多くの人にとって未知の『不安』や『恐怖』が、どれだけ多くの被災者の皆さんを傷つけたのか。私たちは、決して忘れてはいけません。

 今回のウイルスとの戦いに正解はありません。専門家も含め、誰一人として、本当のことを何一つ分かっていないのです。それならば、今一番大事なのは、何か行動する前に、自分の『不安』や『恐怖』、時には『正しさ』が誰かを傷つけていないか、常に問い続けることかもしれません。

 終息後、子どもたちに、胸を張れる大人で、社会であるように。私も政治家として法律家として、自分自身に問いかけながら訴えていきます。

山田かずまさ

横浜市鶴見区寺谷1-3-2

TEL:045-584-1133

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市の不妊治療の支援策

誰もが産みやすいまちを目指して 市政報告みちよレポ【17】

横浜市の不妊治療の支援策

横浜市会議員(自民党)東みちよ

5月19日号

県教育委員会におけるヤングケアラー支援を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」68

県教育委員会におけるヤングケアラー支援を実現

公明党 鈴木 ひでし

5月12日号

平和推進の取組進める

市政報告太'sレポート 125

平和推進の取組進める

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月28日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

4月14日号

県の公式ホームページの全面刷新を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」67

県の公式ホームページの全面刷新を実現

公明党 鈴木 ひでし

4月14日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook