鶴見区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

鶴見火災予防協会の会長として、区内の防火・防災に尽力する 山本 龍行さん 下野谷町在住 70歳

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena

目ざす、火のない鶴見

 ○…鶴見区内約230の企業や個人などが加盟する鶴見火災予防協会。前会長から直接依頼を受けた。「直に頼まれたら断れない」。そう苦笑するが、「火災のない安心・安全な鶴見にするのが使命」と、穏やかな瞳の奥に意気込みをにじませる。コロナ禍、総会もままならないほどの異常事態。「何もしないで一年過ごすわけにいかない」。研修会のためのパンフレット作りなど、出来る形を模索する。

 ○…生まれてすぐ0歳で鶴見に。「ほとんど鶴見生まれみたいなもの」と笑う。大正時代に祖父母が受け継いだ下野谷町の銭湯「澤の湯」で育った。高校時代から手伝いはじめ、1977年、3代目として家業を継いだ。風呂を沸かす燃料は、京浜工業地帯などで出た廃材。届け出などは消防の管轄のため、つながりは深かった。消防団としても30年ほど活躍。「昔は放火も多かった。火事の現場で放水もやったよ」と振り返る。

 ○…横浜市浴場協同組合の相談役を務めるなど、肩書も多い中、お酒をたしなむのが息抜き。週に1回は妻と2人で飲みに行く。「女房は飲まないんだけど。ついてくるんだよ」とおどける。だが、時はコロナ禍。「どこかでうつって休業になったら大変。動かさないと機械がすぐ錆びちゃうから」。自粛しつつ晩酌を楽しむ日々だ。

 ○…地元の銭湯から大企業までが、防火・防災のもとに集まる組織。「会員の幅広さは大きな力」と評する。互いの利益のため、区民のため、まずは仲良くすることが必要と説く。「消防署とも一緒に、コロナも一丸で乗り越えたい」。協会にとっても、初めての経験ばかりの状況。それでも、向かう道は変わらない。火災のない鶴見。先頭に立ち、湧き出る思いをまとめ上げる。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

今関 弘明さん

区内サッカーチーム・下野谷レッグスの代表を務める

今関 弘明さん

本町通在住 55歳

6月17日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

山崎 匠さん

全国規模の賞を受賞した串焼き居酒屋楽匠=鶴見中央=のオーナー

山崎 匠さん

潮田町在住 41歳

6月3日号

笹方 未祐花(みゅうか)さん

ボランティア団体「はぐみー」の代表を務める

笹方 未祐花(みゅうか)さん

汐入町在住 19歳

5月27日号

桑島 秀一さん

県立鶴見高校同窓会の会長を務める

桑島 秀一さん

相模原市在住 67歳

5月20日号

小島 順一さん

潮田地区センターの館長として、まちづくりなどに尽力する

小島 順一さん

本町通在勤 62歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 前へ。経済再生と女性支援

    市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

    前へ。経済再生と女性支援

    横浜市会議員(自民党)東みちよ

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter