鶴見区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

横溝屋敷の稲作ボランティアで一番歴の長い最年少者 坂本 浩二さん 平安町在住 44歳

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena

自然の心地良さ感じて

 ○…みその公園「横溝屋敷」で稲作ボランティアを行い5年。一番歴の長い最年少。普段はスマホゲームの会社で働きながら、年に6〜7回ある田植えなどのイベントの際に指導者として参加する。「稲作に参加するとほぼ確実に筋肉痛になるけど、その疲労感も心地いい」。落ち着いた口調に優しい笑顔が印象的だ。

 ○…川崎で生まれ、土に触る機会などほぼなく育った。30代中ごろ、テレビ番組をきっかけに「自然に関わりたい」と強く感じた。千葉の棚田の一画を借り、地元農家の指導を受けながら米を作った。「成長をみるのが嬉しくて」。3年ほど通った後、片道1時間半の距離が辛くなり、近場で探していたところ、横溝屋敷を見つけた。場所が変わり、感じたのは地域性。「田植えの時期や、天日干しの仕方一つとっても少しずつ違う。地域の伝統を感じて面白い」。稲作教室では安全を第一にする。「子どもが農具でふざけたりするのを見張ってます。ボランティアといえど、安全に楽しませたいという責任感は強く感じる」

 ○…普段はスマホゲームが好きなインドア派。「自然と触れ合う時だけ行動的になって。バランスとってます」と笑う。城や史跡などの歴史は広く浅く好きで、姫路城は改修のタイミングで見に行った。

 ○…31年間、イベントが雨天だったことはないという稲作教室。「館長の思いが通じているのかもしれない。こだわりとやる気を感じると力になりたいと思う」。仕事がテレワークのため、自然の近くに移住も考えている。「それでもボランティアは続けたい」。今後は米だけでなく、味噌や大豆作りにも関心がある。自然とともにある生活を作り出し、楽しんでいく。

鶴見区版の人物風土記最新6

高内 左枝子さん

喫茶ラズベリーでこども食堂を開く

高内 左枝子さん

下末吉在住 

12月2日号

渡邊 浩さん

矢向地区連合町内会や社会福祉協議会などの会長を務め、地域のため奔走する

渡邊 浩さん

矢向在住 73歳

11月25日号

大野 慶太さん

様々なアイデアでまちに貢献する東宝タクシー(株)の代表取締役社長

大野 慶太さん

鶴見中央在勤 44歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

古木 嘉夫さん

(一社)神奈川県警親会鶴見支部の相談役であり、現役最年長

古木 嘉夫さん

馬場在住 96歳

11月4日号

慶野 未来さん

珈琲専門店山百合を受け継ぎ、修行を積む

慶野 未来さん

鶴見中央在勤 25歳

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook