鶴見区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した 尾城 杏奈さん 栄区在住 23歳

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

感謝の心、音色にのせて

 ◯…幼稚園年長から出場してきた国内最大級のピアノコンクール「ピティナ・ピアノコンペティション」の中で憧れの部門だった”特級”。最難関ソロと評されるこの部門には過去4回出場しており、度重なる挑戦の末に手にしたグランプリの栄冠に喜びもひとしおだ。交響楽団と演奏する最終審査では、学生時代に培ってきたアンサンブル経験を生かし、オーケストラの響きを聞く姿勢を大切にすることで音の調和を心掛けた。「結果を聞いた時は驚いた」と謙虚に語る。

 ◯…ピアノを嗜む母の影響で、4歳から教室で習い始めた。見る見るうちに才能を開花させ、小学生で東京大会1位、中学生では全国大会1位に輝くほどの腕前に。中学から音楽コースを選択し、北鎌倉女子学園中学校に進学。その後も東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大に進みピアノ一筋の人生を歩んできた。「小さい頃から人前で演奏するのが楽しくて仕方なかった。辞めようと思ったことは一度もなかったです」

 ◯…生後間もない頃から居住する栄区の思い出といえば、笠間小学校に通っていた時代の記憶が蘇る。同校は当時音楽活動に熱心で、毎年音楽会は鎌倉芸術館大ホールを借りて開催していた。ピアノ伴奏や、アコーディオンなどの様々な楽器を用いてクラスメートと合奏することに「音楽の楽しさを感じましたね」と懐かしむ。

 ◯…現在は東京藝術大学大学院の1年生。オンライン授業で大半を自宅で過ごしているため、部屋のDIYに夢中。壁や戸をペンキで塗ったり、床にタイルを敷いたりと気分転換を楽しむ。信条は「感謝を忘れない」。「ピアノの先生、家族、友人たち。支えてくれる皆に感謝を込めて、これからも演奏したい」

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

今関 弘明さん

区内サッカーチーム・下野谷レッグスの代表を務める

今関 弘明さん

本町通在住 55歳

6月17日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

山崎 匠さん

全国規模の賞を受賞した串焼き居酒屋楽匠=鶴見中央=のオーナー

山崎 匠さん

潮田町在住 41歳

6月3日号

笹方 未祐花(みゅうか)さん

ボランティア団体「はぐみー」の代表を務める

笹方 未祐花(みゅうか)さん

汐入町在住 19歳

5月27日号

桑島 秀一さん

県立鶴見高校同窓会の会長を務める

桑島 秀一さん

相模原市在住 67歳

5月20日号

小島 順一さん

潮田地区センターの館長として、まちづくりなどに尽力する

小島 順一さん

本町通在勤 62歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 前へ。経済再生と女性支援

    市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

    前へ。経済再生と女性支援

    横浜市会議員(自民党)東みちよ

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter