鶴見区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

日本最高峰となる国風盆栽展に6年連続出品を果たした 中西 静代さん 鶴見中央在住 79歳

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena

没頭する究極の息抜き

 ○…国内最高峰とされ、審査をクリアした作品のみが出展できる国風盆栽展。例年2月に開催される展示に6回目の出展を果たした。「あくまでも趣味」と謙遜するが、相手は生き物。毎日の水やりやせん定、出展できる作品に仕上げるには、2、3年前から準備が必要になる。「そもそも30年、50年たたないと。長く一緒だから、かわいいの」。我が子の成長に目を細める姿に、趣味を超えた愛を感じる。

 ○…鶴見中央の生活用品店「木曽屋」に生まれた。6人きょうだいの長女。小さいころから店や子守りを手伝った。盆栽との出会いは、東寺尾の園芸教室。40代だった。毎日店に立つ合間、唯一の息抜きとして草花に触れる。「最初は草花から。教室で盆栽もやっていて。先生も先輩生徒さんもみんな親切でね」。それから40年近く。所属する(一社)日本盆栽協会横浜東支部では「最古参になった」と笑う。

 ○…「始めると長いの」。歴20年という卓球も趣味の一つだが、やはり究極の息抜きは盆栽。自営の仕事と両立ができたのは、「家族の理解。何より主人のおかげ」とまっすぐに答える。「主人は頼まなくても水やりしてくれる。息子も手伝ってくれるから、旅行にだって行ける」と感謝しきりだ。

 ○…耐震化にともなう店舗ビルのリニューアルで、45年目にして一旦閉店となる。それを前に、手塩にかけて育ててきた”子どもたち”を展示する。「やっぱり、一つ目標があると励みになるから」。来年、7回目もチャレンジするつもりだが、「鉢が持てなくなったらおしまい。自分で全部できないとね」。そう決めている。「奥が深い」とうなる盆栽の魅力。家族の協力も得て、もう少し、この道の理想を追い求める。

鶴見区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

鈴木 雅己さん

鶴見警察署長に就任した

鈴木 雅己さん

鶴見中央在勤 57歳

4月1日号

野末 浩之さん

第1回うしおだ食料支援&なんでも相談会実行委員会の委員長を務める

野末 浩之さん

本町通在勤 59歳

3月25日号

村松 緑さん

近隣の学校で絵画や染め物などを子どもたちに教える

村松 緑さん

朝日町在住 

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter