鶴見区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

智広寺の住職を務める 橋本 至さん 佃野町在勤 36歳

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena

「みんなのお寺」に

 ○…毎夏、寺で行っていた流しそうめん。約70人が集まる人気企画だったが、昨年からコロナ禍で開催できていない。その代替として、縁日を企画した。「中止にして何もやらないのは簡単だが、何かしたかった」。ヨーヨー釣りやスライム作りなど、子どもたちがわくわくするような内容が詰まっている。「大人の一年と子どもの一年は違う。少しでも夏を楽しんでもらえたら」

 ○…豊岡小に通い、寺にクラスメイトを呼んで遊んだ幼少期。前住職である父の背中を見て育ったが、初めから継ぐ気があったわけではなかった。大学卒業後、車関係の会社に就職。営業として働くも、「人間関係に悩んで。仏教だったらどう考えるのかと、興味を持った」。京都の学校で僧侶の資格を取得し、10年ほど前に鶴見に戻った。一昨年、半世紀に渡り寺を守り抜いた父から、住職の座を受け継いだ。「地域の方の中には、まだまだ父のファンが多い。息子だからと言って同じ人間ではない。頑張らないと」

 ○…8歳の娘と6歳の息子の父。「息子は力が強くなってきてパンチが本当に痛い。娘はお父さん子で」とはにかむ。鶴見区のパパサークル「つるPaPa」にも所属。宴席が好きで、情報共有がてらサークル仲間との飲み会や、法話会後の檀家さんとの交流が楽しみ。「わいわいした雰囲気が心地いい。今は自粛中だけど」と苦笑する。

 ○…「悩みながら生きている自分を許せるようになった」。自らも仏教から学んだ教え。しっかり伝えていくためにも、寺を気軽に来られる場所にしたいと願う。「お寺は仕切りが高いと思われがちだが、実際は誰かのものではなく、みんなのもの」。幼少期に見た原風景を今に合わせ、開かれた寺を作っていく。

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

箱崎 蒼太さん

ラクロス男子の21歳以下日本代表に選出された

箱崎 蒼太さん

神奈川大学4年 21歳

8月11日号

阿部 正隆さん

鶴見薬剤師会の会長に就任した

阿部 正隆さん

豊岡町在勤 62歳

8月4日号

山本 成寿さん

レアールつくの商店街の理事長に就任した

山本 成寿さん

佃野町在勤 57歳

7月28日号

隅田 賢一さん

(一社)横浜建設業協会鶴見区会の会長に就任した

隅田 賢一さん

平安町在勤 51歳

7月21日号

岩本 邦夫さん

4月に三ツ池公園の園長に就任した

岩本 邦夫さん

三ツ池公園在勤 66歳

7月14日号

浜野 誠司さん

鶴見区民文化センター サルビアホールの館長に新たに就任した

浜野 誠司さん

鶴見中央在勤 44歳

7月7日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook