鶴見区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める 藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子) 佃野町在住 77歳

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena

伝統の新風を鶴見に

 ○…雅楽、尺八、箏など日本伝統の芸能を受け継ぐ鶴見邦楽連盟。1990年に設立以降、次世代にその思いをつないできた。「前任の会長はじめ、皆さん立派な方々ばかり。私でいいのかと」。昨年末に打診を受けたときを振り返る。会員は現在、各芸能の道を行くおよそ30人。自身は藤間流日本舞踊の教授として後進を育てる。「どなたかがやらなければならないこと」。覚悟を決め、先頭に立った。

 ○…広島生まれ。和裁の講師だった母のもと、着物に囲まれて育った。日舞には6歳のとき、習いごととして出会った。「年に一度の虫干しのときは、蓄音機をかけて、勝手に羽織って踊ってね」。着物が好きで、ずっとかかわりたいと思っていた。結婚を機に夫の転勤で上京。着付け講師をしていたこともある。踊りから一度離れたが、30代後半で再び稽古をはじめた。「日舞に救われた」。交通事故に遭い、ひどかった後遺症が、踊りで良くなった体験も持つ。

 ○…日舞とともに習った茶道が趣味。着物を着せるのも好きで、入学式や成人式、祝いごとのたびに、弟子や知人などに着付ける。「幸せのおすそわけね」と満面の笑み。10月には、京都で孫の七五三を行う予定。「着付けてあげるのが楽しみ」と祖母の顔ものぞかせる。

 ○…伝承する重要性を説きつつ、「新しい風が吹かないと雰囲気が変わらない」と柔軟な姿勢も見せる。弟子主体の企画が2年連続で中止になったことを受け、冬の師匠主体企画と合同にする計画も進行中。「小さいころから興味や楽しさを感じてもらおうと、子ども向けの体験会もいい」。気軽に触れられる伝統に。「常に門戸は開いてますよ」。新たな和の風を鶴見に吹かせる。

鶴見区版の人物風土記最新6

横溝 常之さん

宝泉寺の住職を務める

横溝 常之さん

菅沢町在住 53歳

10月14日号

相澤 竜太さん

鶴見中央のダンススタジオWAAAPSの代表を務める

相澤 竜太さん

佃野町在住 36歳

10月7日号

高山 智恵子さん

馬場花木園・旧藤本家住宅の館長を務める

高山 智恵子さん

馬場在勤 65歳

9月30日号

新堀 望さん

横濱つるみきもの倶楽部の代表として奔走する

新堀 望さん

佃野町在住 49歳

9月23日号

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

佃野町在住 77歳

9月16日号

小峯 宏秋さん

ふるさと寺尾実行委員会の代表として奔走する

小峯 宏秋さん

東寺尾在住 54歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook