神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2022年4月21日 エリアトップへ

鶴見駅西口 広場活用で活性化目指す 商業施設らが実行委設立

経済

公開:2022年4月21日

  • LINE
  • hatena
商業施設や商店街が並ぶ西口駅前
商業施設や商店街が並ぶ西口駅前

 JR鶴見駅西口の活性化を目指し、駅前周辺の商業施設や商店街からなる「鶴見西口活性化実行委員会」が4月11日に設立された。「つるみ愛」をシンボルに、駅前広場でのイベントなどを企画して気運を高めていく。

 今回設立された委員会には、西口駅前の商業施設のフーガやミナール、京急ストア、そして豊岡商店街などが参加する。

 発起人代表を務めるのは、フーガ2管理組合理事長の葉泰美さん。葉さんは「西口を盛り上げたい一心で皆さんに協力を依頼した。駅前の広場でイベントなどを開催し、『つるみ愛』をシンボルに、西口全体の活性化を皆さんと図っていきたい」と設立の意義を語る。同広場では過去にオープンカフェなどが開かれていたが、現在は決まったイベントはなく、改めて周辺の関係者が協力してまちを盛り上げていこうというものだ。

 同委員会では、今年5月と7月に広場でのイベント「つるみ愛フェスティバル」を企画。フラダンスや音楽のステージに加え、キッチンカーなども出店する予定だ。

 その他にも、西口エリアを紹介するリーフレット作成なども企画し、「改めて地域の方々に西口の魅力を知ってもらいたい」と葉さん。今後は参加団体の増加も目指しながら、活性化策を検討していきたいとしている。

 今回の設立について、豊岡商店街協同組合の堀江幹雄理事長は「広場を活用して西口の活性化を目指す取組みはとても良いと思う。商店街として何を協力できるか、今後も話し合いを続けていきたい」と語った。

委員会設立発表会の様子=提供
委員会設立発表会の様子=提供

丹沢の山々に抱かれた、爽やかな風の吹き抜ける町

都心まで電車で約90分。豊かな自然と子育てママ・パパに心強い制度がいっぱい!

https://www.town.yamakita.kanagawa.jp/lifetown/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

寺谷に新たな子ども食堂

寺谷に新たな子ども食堂

親同士の交流の場にも

2月22日

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

宇宙開発の秘話に熱視線

宇宙開発の秘話に熱視線

豊小保護者が講演会を初開催

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

寺尾ファミリーが50周年

少年野球

寺尾ファミリーが50周年

「全員野球」で成長続ける

2月8日

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook