鶴見区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した 高橋 博之さん 鶴見中央在勤 53歳

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena

人とのつながり、肌で感じ

 ○…「人情味があふれる感じ」。地域福祉のため、様々な活動を行う鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任し、区内の印象をそう話す。「この前は潮田神社のお祭りに伺って、改めて下町感が強いまちだと感じた。これからが楽しみ。鶴見のことをどんどん知っていきたい」と笑顔で語る。

 ○…宮崎県出身。大学で上京。生命保険会社に就職し、個人宅に営業する中で高齢者がよく対応してくれた。「話し相手が欲しいのかなと感じることが多く、人と接する機会が少なくなっているように漠然と感じていた」。転職し、横浜市社会福祉協議会で働き28年。ケアマネジャーや施設福祉課長、様々な職を経験した。中でも印象に残っているのは南区社協時代に行われた地域の清掃活動。地区社協や行政などが協力した企画に住民200人近くが参加し「何かあればこれだけの人が動けるまちなんだ」。地域から学んだ。「都市や防災計画などあるが、どれも人とのつながりがなければ実現できない」と、その大切さを肌で感じてきた。

 ○…趣味はもっぱら野球で、息子2人も少年時代から野球漬け。自身は地元川崎市内の子ども会野球部でお父さんコーチとして9年間活躍。教え子や息子たちとともに野球を目一杯楽しんできた。次男が大学に入学し、「今では野球ロスになっちゃって」と笑う。息子が2人ともベイスターズファンで自分もハマり、3人で観戦もよく行くという。

 ○…「あくまで主役は地域の人」。住民の意思をどう反映できるかを常に考えてきた。「支援する立場でもあるが、地域の人に支援されている感覚もあり、一緒にという言葉がしっくりくる。誰もが安心して暮らせるまちをみんなで作っていきたい」と意気込んだ。

鶴見区版の人物風土記最新6

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

東宝タクシー株式会社

鶴見で働く、鶴見で生きる

http://www.toho-recruit.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook