神奈川区版 掲載号:2015年5月14日号 エリアトップへ

「働くママを応援したい」 元警察職員が保育施設

社会

掲載号:2015年5月14日号

  • LINE
  • hatena
代表の松澤さん(左)と保育士の笠原さん
代表の松澤さん(左)と保育士の笠原さん

 松本町に新たな保育施設が今春開園した。「子育て支援ハウスチーム絆」。警察事務として働いていた、六角橋在住の松澤浩美さん(54)が開いた認可外保育施設だ。

震災を機に決意

 大学卒業から約30年、事務職として警察署に勤めてきた松澤さん。2011年の東日本大震災発生時、災害対応などに追われる署内の片隅で、なかなか繋がらない携帯電話を手に我が子の引き取り手を探す女性職員の姿を見た。「昔から子どもに関わる仕事に興味があった。彼女の姿を見て、保育施設を作ろうと決心した」と経緯を明かす。

 松澤さんは休日を利用して、イギリス発祥の家庭的保育のプロ「チャイルドマインダー」を取得。昨年3月に警察官の夫とともに退職し、チーム絆を開園した。現在は笠原理沙さんら3人の保育士と運営している。

 朝6時半から午後9時まで営業しており、ベビーカーを預けることも可能。他園でのお迎え時間に間に合わない親の代わりに引き取ってくれるという継続保育制度は、子どものいる婦警を見ていた松澤さん自身のアイデアだ。「社会復帰を目指しているなど、様々なお母さんに手を差し伸べることができれば」と話している。

 横浜市はこのほど、4月1日現在の待機児童数が8人と発表した。しかし、2534人が「希望通りの保育所等を利用できていない」「自宅で子育てしながら職を探している」といった保留状況にあり、神奈川区内でも317人(前年度比45人増)が該当している。

神奈川区版のローカルニュース最新6

神奈川大拠点に集団接種

神奈川大拠点に集団接種 社会

区内教育機関にも

9月16日号

山中市長、IR誘致撤回を宣言

【Web限定記事】

山中市長、IR誘致撤回を宣言 社会

横浜市会本会議で所信表明

9月16日号

夜間接種22日から

新型コロナワクチン 神奈川公会堂

夜間接種22日から 社会

9月16日号

野毛大道芸 今年は屋内で

野毛大道芸 今年は屋内で 文化

14組出場、2会場で実施

9月16日号

狂言・ダンスで「兵士の物語」

狂言・ダンスで「兵士の物語」 文化

かなっくホールで10月13日

9月16日号

更生保護活動 支援で感謝状

神福協ら

更生保護活動 支援で感謝状 社会

法務大臣らから

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook